ライオンズファンの野球観戦日記

主に西武ライオンズの試合の感想を中心に書いていきます!宜しくお願いします!

2019コーチングスタッフ —不安・不満編—

FA騒動ですっかり忘れてしまいましたが、来年のコーチ陣についての見解の続きを書いていきます。


次は不安や不満に思う点です。





・西口ブルペンコーチ、阿部1軍打撃コーチまさかの残留

私が一番不満に思っていることは小野投手コーチ就任ではなく、西口さんのブルペンコーチ残留です。



西口さんがブルペンコーチとして何か仕事をしている話は聞いたことがなく、むしろ中継ぎ投手が大炎上しても平気でハイタッチや中継ぎの炎上に先発に期待するなど責任のヘッタクレのない仕事ぶりには怒りさえ覚えたことがあります。


ブルペンでもただ眺めているだけで、これなら素人の私がやっても変わらないレベルです。そもそも西口さんは先発で結果を残した人ですから、ブルペンコーチそのものに適性がないと思います。


個人的には一度指導者から離れて違う視点から勉強して欲しいと思っていましたが、最低でも2軍投手コーチへの配置転換は絶対条件なはずです。それすらせずに無能な役職で放置したコーチ人事には、一体何をどう考えたらその決断に至ったのかが理解出来ません。




それでもまだ西口さんは生涯ライオンズの選手であり、丁重に扱わなければいけない人物であることは分かりますが(それでもブルペンコーチ残留は本当に謎です)、阿部さんの残留には一体何のメリットがあるのかがこれまた私には理解が出来ません。


阿部さんも今年一年で打撃コーチとしての仕事はないと見ています。今年は嶋コーチの陰に隠れて何もなかったですが、来年に関しては責任を問われる可能性も出てくると思います。打撃コーチに関しては、赤田コーチに全てが託される形になりました。





・なぜ小野投手コーチ就任?

現場で結果を残したと言えるのはせいぜい2008年のリーグ優勝の成績のみ(防御率2位)ぐらいで、特に中継ぎ起用の下手くそぶりはものすごく際立った投手コーチだったと記憶しています。小野投手コーチがだれか育成したとか優秀な実績があるという話も聞いたことがないので、土肥コーチかそれ以上にやばい可能性が高いです。



なぜ現場復帰が決まってしまったのか。可能性の一つには渡辺SDの一声が入ったと推測出来ます(渡辺政権の投手コーチでしたので)。あくまでも推測の域です。


別に渡辺SD推薦枠をなくせとは言いませんが、推薦枠を設ける以上はその人選は適当にしないでくれと言いたいです。



こうなったら小野投手コーチがフロント経験で何か変わってくれたことを祈るしかないです。現状では来年もチーム投手成績はリーグワーストを記録する可能性が極めて高いですが。






・馬場コーチの後釜

個人的には非常に高く評価している馬場コーチがヘッド格に異動しました。それはそれでいいのですが、後任の黒田コーチにはかなり高い能力が求められます。


普段の練習などは馬場コーチも介入出来るのでそんなに心配はいりませんが、試合では走塁コーチとしての判断はかなり重要になってきます。


馬場コーチもやや無茶振りな判断をした場面はありましたが、基本は積極的な姿勢で走塁コーチはやってほしいと思います。黒田コーチの能力が不明瞭なだけ、不安な部分はあります。





・新米の松井稼頭央2軍監督

松井稼頭央2軍監督に関しては期待しているファンの方が多いかと思います。もちろん私も松井稼頭央2軍監督には頑張って頂きたいと思っていますが、敢えてこの機会に不安に思っている部分を指摘させて頂きたいと思います。


何が不安なのか。それは指導者として未知数な部分が多く、さらに指導者として大成するにはかなり時間がかかるのではないかという不安です。


指導者としては実質1年目であり、そんな1年目から完璧に全部こなせるなんて思っていませんし、そんなハイレベルなことを求めてもいません。

しかし、今年の2軍成績は悲惨なことになっていて、野手の育成もですし投手なんて早急に育ててくれないと来年は大変なことになる可能性が見込まれます。


その中で、松井稼頭央2軍監督はノックに悪戦苦闘するなどして、まずは自身の指導者能力の基礎を鍛えなければいけない段階です。報道を見ている限りでは手探りながらも試行錯誤で指導を行っていることに関しては好印象ですが、やはりノックが出来ず、おそらく試合全体の中でどうやって戦う、そして勝ちに行くといった采配もこれから勉強しなければいけない段階なので、指導者としてはまだまだひよっこの状態でしょう。



しかし、今の2軍のチーム状況はそんな余談を許せるレベルにはなく、とにかく潮崎さんが潰しまくったツケを早急に支払わなければいけない状況です。そんな悠長に松井稼頭央2軍監督自身の指導者育成をしている場合でもないわけです。



松井稼頭央2軍監督には自身とチーム全体の育成を一緒に行って欲しいと思います。冒頭でハイレベルなことを求めないと言っておきながら、かなりハイレベルなことを求めてしまいました笑。逆にこのハイレベルな要求がクリア出来たのであれば、辻政権の後の松井稼頭央政権も安心して見ることが出来ると思います。






・2軍投手コーチは大丈夫?

現時点では仮定の話とさせて頂きます。理由は後で述べます。



2軍投手が壊滅している状態なので、勿論2軍投手コーチの責任を問われてもおかしくない話になります。しかし、杉山コーチ、許銘傑コーチともに残留となりました。



許銘傑コーチは郭俊鱗投手の関係で切れないことはまだ分からなくもないですが、杉山コーチまでもが残留となってしまってはやはり手抜き人事ではないのかと疑ってしまいます。



この2人の指導能力に疑問を持つのはただ単に2軍投手が育っていないだけでなく、1軍から降格した投手が再び上がってきてからも不安定な投球を披露し続けていることに関しては、2軍投手コーチは投手の状態を把握出来ていないのでないかという疑いも浮上してきます(特に十亀投手、武隈投手、増田投手は再昇格してからも不安定な投球ばかりでした)。




ではなぜ仮定の話にしているのか。それは2軍の崩壊を招いた最大の原因は潮崎さんであり、投手出身の指導者だけあって、投手の指導にも大きく関わっていた可能性が高いからです。


来年からは松井稼頭央2軍監督となります。おそらく投手のことは投手コーチに任せると思われます。となると、来年からは成績の良し悪しは全て投手コーチの責任になります。2軍投手コーチに関しては、来年の結果で判断したいと思います。






長くなりましたが、かなり不安や不満な部分が多いコーチ人事になったと思います。FAで選手が流出する中でこのコーチ人事で大丈夫なのかと心配なのが正直な本音です。






よければポチっとひと押しお願いします!

オフシーズン動向①


ゴールデングラブ賞が発表され、秋山選手と源田選手が受賞しました。秋山選手は4年連続5度目、源田選手は初の受賞です。



秋山選手のUZRは-1.2とマイナスを記録していました。今年はなんでもないフライを見落として落球というとんでもないミスを2度もやらかしたりとらしくないプレーがありました。それでもレアード選手の本塁打の打球をジャンプキャッチしたりと秋山選手のプレーに助けられた試合も多く、特に後半戦の守備は頼りになりました。



源田選手はUZRが+30.9と2位を10以上も引き離す数字を叩き出して、文句なしのゴールデングラブ賞となりました。エラー数も目標の一桁とはなりませんでしたが、それでも昨年の半数に減らしたりと、この一年で大きく成長したと思います。





https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000090-dal-spo



パドレスを自由契約となった牧田投手ですが、3A契約という形で合意となりました。残念ながら西武への復帰はなくなりましたが、メジャーでもう一年挑戦するということなので、応援したいと思います。






炭谷選手のFA動向では、楽天が撤退の意向を示すという報道がありました。おそらく巨人には勝ち目がないと思い、炭谷選手の資金を浅村選手に回しソフトバンクに対抗するために浅村選手一択に絞った形に方向転換したのだと予想します。



これは僅かながら希望が見えました。炭谷選手であればおそらくもう一度渡辺SDと交渉する機会があるはずなので、そこで来年の捕手起用プラン(榎田投手は完全に専属捕手、その他若手投手も最初は炭谷選手からの起用)を明記して欲しいと思います。





FA宣言の悲劇に見舞われる中で、中村選手が宣言残留という実質生涯ライオンズ宣言という形で残留を発表してくれました。


おそらく浅村選手と炭谷選手へのメッセージだと思います。浅村選手は厳しいでしょうが、炭谷選手はまだ可能性が残されているので、なんとか中村選手のメッセージが届いてくれと思います。






よければポチっとひと押しお願いします!

なぜ炭谷銀仁朗は必要な存在なのか

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000017-nkgendai-base


日刊ゲンダイの記事なので信憑性は低いですが、この記事の中に、評論家の山崎裕之氏が炭谷選手のリードについて酷評している内容がありました。そしてそれに対しても賛同の意見のコメントが多々ありました。




はっきりとこの評論は暴論に等しいと断言します。さすがゲンダイという感じですが、この山崎氏は試合を見ずに適当に意見を述べているか、ゲンダイ側に上手く内容をまとめられてこの意見になってしまったかのどちらかだと思います。



コメントでも巨人ファンの方は小林選手がいるのに炭谷選手は必要ないという意見は納得出来ますが、炭谷選手よりも岡田選手の方がリードが良いとかいう訳のわからないコメントを残している西武ファンもいてビックリしました(本当に西武ファンなのでしょうか?)。ゲンダイ側のサクラなのではないかという疑いもあります。





なぜそう断言出来るのか。データを探していく中で、ヌルデータ置き場さんのデータが私の言いたいことを一番表してくれていました。



これは捕手別の防御率(先発投手のみ)の成績です。一番良いのは炭谷選手、一番悪いのは森選手の成績です。



菊池雄星投手だからこの成績なのかという意見もありますが、今年の好調とは言えない菊池雄星投手を森選手がリードしていたら、これだけの成績を残していたと思いますか?森選手は多和田投手とバッテリーを組んで最多勝を獲得しましたが、防御率は菊池雄星投手の方が上です。



さらに森選手は多和田投手以外だと防御率が軒並み4点台以上、今井投手や十亀投手、ウルフ投手も岡田選手の方が良い結果を残しています。森選手のリードはまだまだだということは、数字でも明確に表されています。




では岡田選手が炭谷選手より上なのか。これはありえない話です。炭谷選手より上なのは打撃面だけであり、それ以外は全部炭谷選手の方が上です。



ここからは数字で表すことは難しく、個人的な主観の話になってしまいますが、それなりに試合中継を見てきたので、炭谷選手が優れている部分は明確に断言出来ます。



岡田選手の肩が弱肩なのは皆さんご存知だと思います。炭谷選手、森選手は強肩です。



リードでは何が違うのか。まずは相手の得意不得意を把握しているか否かです。岡田選手もこの1年で森選手よりはリードが幾分マシにはなりましたが、それでも把握している選手は必要最低限のレベルでしかなく、打者1人1人に対する配球や駆け引きに関しては炭谷選手が群を抜いています。



さらに致命的なのは、リードする投手のボールの良し悪しを把握するのに時間がかかる、最悪分かっていない場面があることです。



一番顕著だったのは、オリックス戦で中島にサヨナラ3点本塁打を打たれた試合でしょう。この試合では森選手のリードが酷すぎて9回に捕手が岡田選手に変わりましたが、ヒース投手のキレのないスライダーを要求し続けてピンチを作り、中島にストレート狙いで一発を打たれてサヨナラ負けしました。この試合は今でも思い出すとイライラしてしまいますが、敗因は捕手能力が大きく関わっている試合でした。



さらによく分からない場面でカーブなどの緩い変化球を要求したりと、自分好みのリードをしている部分もマイナス点にあります。





炭谷選手のリードが完璧とは言いません。CSでは炭谷選手も慌てふためいたリードをして菊池雄星投手の炎上に油を注いだのは事実です。しかし、捕手の年数やリード、打撃力を加味して考えたとしても、炭谷選手の捕手能力は一番だと断言出来ます。



カスティーヨ投手みたいなパワー投手なら森選手、十亀投手や高木勇人投手みたいに左右に揺さぶる投手なら岡田選手と組ませるべきですが、それ以外なら炭谷選手に任せた方が結果は出ます。榎田投手なんかは炭谷選手の時で7勝を挙げています。炭谷選手の移籍は榎田投手にとっても大打撃を及ぼす可能性があります。





スポーツ記事では各会社によって様々な論調がありますが、それぞれ簡単に信用するのもどうかと思います。特にゲンダイなんかはどこでその情報を手に入れたのかという信憑性に怪しい記事がありますし、東スポも西武以外(特に中日に関する内容)は怪しいですが、逆に西武に関しては信憑性の高い内容が多い(東スポ関係者の中にだれか球団幹部と知り合いの人がいるのか?)など、各特色も把握して読むと、色々と分かりやすくなると思います。






少し話題が逸れてしまいましたが、このブログを書いたのはゲンダイの批判以前に、炭谷選手は必要ないと西武ファン側からも出ていることにストップをかけたかったからです。炭谷選手は絶対に必要な存在だと断言します。FA宣言が正式に発表されましたが、仮に移籍してしまっては来年以降も投手の炎上に捕手が油を注いで大炎上といった場面ばかりになってしまい、チーム防御率も連続でリーグ最下位を記録してしまうこと間違いなしです。






よければポチっとひと押しお願いします!