ライオンズファンの野球観戦日記

主に西武ライオンズの試合の感想を中心に書いていきます!宜しくお願いします!

9/21(金)西武×ロッテ第23回戦 —雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ 序盤の泥試合から何とか逃げ切り7連勝—

7-4で勝利です。悪天候の中でも何とか逃げ切り、マジックを1つ減らすことが出来ました。




先発は菊池雄星投手。初回は3点の援護が入ってからスタートしましたが、この悪天候は菊池雄星投手にも大きくのし掛かってきました。

四球と死球で0アウト1,2塁となります。中村奨吾選手は空振り三振に抑えますが、井上選手のライトへの打球を中途半端に突っ込んでしまった金子侑司選手が後ろに逸らしてしまい、2点3塁打を打たれます。さらに角中選手の内野ゴロの間に同点に追い付かれました。悪天候の中でコントロールが定まらなかったり守備のミスにも足を引っ張られたりと、散々な内容でした。



しかし、今日の菊池雄星投手は悪天候にもめげずに修正してきました。2回からは球速は抑えながらもコントロールを定めていき、4回まで三者凡退に抑えていきます。ストレートのキレは今日のコンディションを考えたら文句なしの出来です。



5回には久しぶりにヒットを打たれましたが、福浦選手はストレートでファーストゴロ併殺打に打ち取って、結果3人で終わらせます。



6回です。2アウトから中村奨吾選手にフェンス直撃の2塁打を打たれます。井上選手の打球をまたも金子侑司選手が突っ込んだ結果後ろに逸らしてしまい、失点します。さらに満塁のピンチとなりますが、最後は鈴木大地選手をセカンドゴロに打ち取って、何とかピンチを脱しました。



7回です。この回は先頭の福浦選手に2000本安打に王手となるヒットを打たれましたが、平沢選手を併殺打に打ち取って、ここで降板しました。




7回110球、6被安打9奪三振3四死球4自責点でした。今日は悪天候と金子侑司選手の守備ミスも重なって踏んだり蹴ったりでしたが、修正能力の高さで上手くカバーしてくれました。まさに雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズの投球でした。無事に1000回投球を達成することが出来ました。




8回からは平井投手が登板します。先頭の高濱選手にヒットを打たれましたが、後続は早打ち凡退で抑えました。ボールのキレはイマイチでした。



9回はヒース投手。Sの付く場面ということもあってか、ボールのキレはあり三者凡退に抑えました。炭谷選手のリードも上手かったです。






打線です。今日は悪天候が味方してくれた部分が多く、特に初回は悪天候がなかったら間違えなく1点止まりで試合は分からない展開だったと思います。




今日一番打っていたのは秋山選手でした。本塁打含む4安打3得点で、これでシーズン100得点も達成しました。ここ最近は、活躍した次の日は大体打たない可能性が高いので、明日はそんなことないように頑張って欲しいと思います。



源田選手もいい感じですね。しっかり引っ張って長打が打てています。ここに来て疲れを吹き飛ばすほどの打力があるのは大助かりです。



浅村選手もしぶとく三遊間を抜けるタイムリーヒットで1打点稼ぎました。今日は最低限の仕事はしてくれました。



山川選手と中村選手は初回は共に悪天候を味方に付けてタイムリーヒットと打点を稼ぎました。山川選手なんかあれはよくても犠牲フライの打球でした。その後はお互いにインコースを突かれたり打ち損じたりで無安打でした。



炭谷選手は相変わらずの早打ちで今日は打撃はさっぱりでしたが、守備の安定感は凄まじかったです。ここ2試合は本当に助かりました。



金子侑司選手は二度も同じミスをしているのはダメですね。初回は悪天候だっからまだしも、流石に6回は冷静に処理してくれなきゃ投手は大目玉を喰らってしまいます。打撃は良かったです。守備のミスを打撃に持ってこなかったことは評価します。



栗山選手は初回の見逃し三振で何となく察しましたが、見事に抑えられました。今日はダメな日でした。森選手は思いの外不調が長引いています。バッティングの軌道が変になっているような気もしてきました。嶋コーチに早急に修正して欲しいと思います。





明日は西武が今井投手、ロッテは二木投手です。今井投手は明日は中5日です。あまり負担は掛けさせられません。明日で9連戦(途中雨天中止有り)最後です。全勝して締めくくりたいです。





よければポチっとひと押しお願いします!

辻政権の首脳陣評価

今日は雨天中止でした。結果的に菊池雄星投手は中6日での先発になったので良かったと思います。それにしても、ソフトバンクはなかなか負けないですね^^;



さて、今日はここまでの試合を見てきた中で、辻政権の首脳陣の評価をこれまた個人的見解に基づいて、長所と短所に分けて評価していきたい思います。(尚、松井稼頭央選手に関しては今回は現役選手と見なして、評価対象からは外します。)




監督:辻発彦

【長所】

・上に立つ者としての器がある。

・選手との距離感が絶妙に良い。

・野手の監督ながら、しっかりと好投した投手も労っている。

・我慢強く選手を起用して、外崎選手や源田選手といった今やチームの柱の選手を育て上げる。

・選手、コーチそれぞれの個を尊重して、余計な介入はしない。結果的にチーム内の不協和音はあまり聞こえない。

・各選手ノビノビとプレー出来る環境が作られている。

・選手が活躍したら、監督も笑顔で迎えている。反応が素直で選手もこれだとプレーしやすいと思います。

・攻撃としては、一発だけでなく走力や球際に強い野球を築き上げて、今年の山賊打線を形成。

・インタビュー内でも、それなりに的を射た発言をしている。また、チームの奮起を促すような発言、ミスを恐れないような発言など言い方も上手い。

・フロントからの限られた援助の中で文句一つ言わずに、何やかんやで上手くやっています。



【短所】

・頑なすぎる固定起用。(これは個人的には大きなマイナス点。選手を我慢強く起用するのはいいが、不調が長引いている選手もずっと起用しているせいで、結果的にチームの足を引っ張った試合も少なくない。昨年では明らかに打撃の成長が見られなかった木村選手、田代選手に無駄に打席を与えてしまっていた。今年であれば一番は前半はおすわり君でしかなかった中村選手の起用、投手ではワグナー投手、増田投手が炎上し続けても勝ちパターン起用を続け、クローザー配置転換に失敗したカスティーヨ投手を怪我で離脱するまで起用したことが当てはまる。)

・個を尊重するのはいいが、結果的に他人任せになってしまっている部分がある。(特にコーチ陣。優秀なコーチなら問題ないが、投手コーチやヘッドコーチなどのダメコーチが結果を残せずにチームに悪影響を及ぼしているが、基本的に放置になっている。)

・辻政権内のコーチ陣で辻監督推薦枠がない。(あるとしても馬場コーチだけ。後はフロントが決めている。少なからずヘッド格のコーチぐらいは辻監督推薦枠で決めた方がいい。)

・選手の力を最大限に引き出して戦うスタイルだが、チームとしての具体的な攻略法はあまり多くない。(これはヘッドコーチの責任もあります。)





作戦(ヘッド)コーチ:橋上秀樹

【長所】

・対監督談笑係としてはまずまず。(一番ダメなのが監督とヘッドコーチとの関係破綻。これが起きたらチーム内の打撃面に悪影響を及ぼすのは必須。寧ろ監督とヘッドコーチの人間関係の構築は最低条件と言ってもいいレベルで必要です。)

・昨年ルーキーの源田選手の2番起用を進言。結果的に新人王獲得までに成功。これが橋上さんの唯一にして最大の功績かもしれません。

・ここに来て全くと言っていいほどに攻略出来なかった軟投派左腕を打ち崩す。好球必打作戦が封印されたところを見ると、僅かながら希望が見えて来ました。



【短所】

・まず狙い球を絞れずに選手個人が闇雲に打っているのが試合の中でも顕著。作戦コーチとして球種や傾向が分かっていないため、選手個人に任せるしか方法がなくなっている。幸いにも個の力は突出しているためある程度の投手なら選手自身でも攻略出来るが、好投手相手だと為すすべもなく敗戦。

・同じ傾向の投手に抑えられすぎ。今年は特に軟投派左腕へのアレルギーがおかしなことになっていました。

・好投手や苦手な投手が出てきた際の作戦はいけると思ったらいけの好球必打作戦がほとんど。ID野球だのデータ野球だの言われているが、そんなものは実際には存在していないと断言出来るレベルの作戦です。

・ここに来て作戦の改善が見られたが、ここに辿り着くまで3年弱。新任のコーチならまだしも、楽天や巨人で長らくコーチを務めていることを考えたら、あまりにも遅すぎる。

・数字上突出しているチーム打撃成績や前任のヘッドコーチ(潮崎さん・袴田さん)の無能ぶりも突出しているために勘違いされている方が多いと思いますが、具体的な狙い球も絞れず好球必打作戦しか出せていない時点で、ヘッド格のコーチとしては無能に分類されます。少なからず、私は橋上さんを作戦(ヘッド)コーチとは認識していません。





投手コーチ:土肥義弘

【長所】

・育成能力はある

・先発の駒を揃えたことは評価出来る

・根性論の多い投手コーチの中で、この人は自分の学んだ知識でそれなりには理にかなったことは言っています。



【短所】

・目先しか見ずに疲労度外視の投手起用(特に勝ち負け関係なし起用の野田投手、平井投手。この2人は一度疲労で潰しているのにも関わらず、また勝ち負け関係なしで疲労を溜めている。)

・先発投手の起用(良い点もあるが、エース格投手に中5日を強いるなど、もう少し余裕を持って考えてもいいはず。それ以上に相性よりも中6日を無理に守ろうとしているせいで、大事なカードで台湾営業の郭俊鱗投手を起用したり、相性の悪い日本ハム戦で平気で榎田投手を当てたりと結果的に投手が頑張っただけであって、起用自体は間違えている。)

・投手適性の見る目のなさ。球速しか適性のなかったカスティーヨ投手の抑え起用はそれを象徴していた。

・ドラ3位ルーキーの伊藤投手と人的補償で移籍して来た高木勇人投手を先発で準備していたのに、開幕直前で中継ぎに配置転換するなど、行き当たりバッタリな起用で結局2人とも序盤は結果を残せずに終わる。

・西武の投手コーチの中では一番まともなコーチですが、それでも得意不得意がかなりはっきりしているコーチです。





投手(ブルペン)コーチ:西口文也

【長所】

・生涯ライオンズの選手

・黙々とこなす作業の仕事なら力を発揮するかも



【短所】

・明らかにコミュニケーション能力の欠如。どう考えても指導者になる上で最大の弊害になっている。

・投手の好不調を全くと言っていいほどに見抜けていない。(特に前半戦は酷い醜態ぶり。明らかにボールのキレがなかったりすっぽ抜けてたりしていた投手が平然と登板してきて大炎上。ブルペンで何をしていたんだと疑問しかなかった。)

・武隈投手がDeNA戦で満塁本塁打を打たれてあわや逆転の危機になった試合でも平気でハイタッチ(辻監督は不満からかハイタッチを無視)、中継ぎの大炎上に対して先発に頑張ってもらいたい発言など、自分の仕事に対しての責任感がなさすぎる。大きな問題です。

・やっていることはベンチから指示が出てそれを中継ぎ投手に伝えて、あとは投手が各々調整し始めるだけで自分は見ているだけ。これなら日雇いのバイトを雇った方がよっぽど安上がりで済みます。

・明らかに1軍投手コーチになるのが早すぎです。どうしても指導者にしたいなら、まずは2軍投手コーチで投手を1人大成させてからにするべきです。一番は一度指導者の仕事から離れて、野球解説でもしてトーク力と多角的な視点を鍛えてから再度投手コーチを務めた方がよっぽど本人の為になると思います。このまま投手コーチをやらせても、悪評が高まるだけです。





バッテリーコーチ:秋元宏作

【長所】

・コミュニケーション能力が高い

・岡田選手と森選手の成長ぶりを見ると、基礎を教える力はあると見受けられる。



【短所】

・岡田選手は僅かながらリードの改善は見られる一方で、森選手にはそれがない。確かにリードのことは1日や1週間で成長出来るものではないが、それにしても森選手のリードの停滞ぶりは非常に目に付きます。リードの指導が出来ているのかは疑問です。

・これはフロントの介入が原因かもしれないが、明らかに炭谷選手の起用を拒んでいる。昨日はやっと榎田投手と炭谷選手とのバッテリーを復活させてくれましたが、守備力の高い炭谷選手を頑なにベンチに下げる采配はバッテリーコーチとしてどう見ているのか、これも疑問に思います。





打撃コーチ:嶋重宣

【長所】

・コミュニケーション能力が高い

・人望がある

・左打者の好不調の波を抑える力がある。(今年は源田選手や森選手など、一度打率が落ちても再び盛り返す左打者が多いです。)

・打撃指導では熱心に取り組んでいる



【短所】

・狙い球は全くと言っていいほどに狙えていない。戦略的打撃コーチとして見たら、この人は打撃コーチ失格になります。





打撃コーチ:阿部真宏

【長所】

・存在が空気そのものなので、害は少ない。



【短所】

・まずこの人が打撃コーチとして仕事をしているのかが不明。この人の打撃コーチに関する話や情報は全く聞きません。この人が打撃コーチとしての仕事をしている情報を知っている人は、再度情報提供をお願いします。

・左打者と比べて、明らかに右打者の好不調の波は自己管理になっている。(特に山川選手に至っては、辻監督が直接打撃指導を行っていた。監督が打撃指導を行うこと自体は何も問題ないが、それ以前に打撃コーチの阿部さんは何をしていたんだという話になる。)

・この人が打撃コーチを務めるなら、個人的には田邊さんに打撃コーチとして戻って来て欲しいと思います。





内野守備・走塁(3塁)コーチ:馬場敏史

【長所】

・球際に強い野球を見事体現に成功

・走力強化に尽力して、今年はリーグダントツの盗塁を記録

・各選手の守備力強化にも成功、さらに隙あれば進塁の意識も各選手に浸透させている

・個人的には辻政権の中では一番優秀なコーチだと認識しています。



【短所】

・3塁コーチとしては積極的な姿勢は良いものの、相手の守備力や選手の走力を無視して回してしまって、結果的に本塁憤死を記録する場面も少なくない。

・守備力が強化されたとは言え、エラー数はリーグワーストです。(ただ、これに関しては選手個人の凡ミスもあるため、あまりコーチの責任とは言えない部分もある。)





外野守備・走塁(1塁)コーチ:佐藤友亮

【長所】

・コミュニケーション能力が高い(1塁に走者が出ると、よく話している光景を見る)

・内野ゴロで打者がアウトになった際に、さりげなく塁の砂を払っているなど、几帳面な一面がある。

・記事を読んでいても、面白い人だなと思います。



【短所】

・これは前任の河田コーチが優れていた部分であったが、守備のポジションニングの指示がどうしても見劣りしてしまう時がある。(それでもそこまでは気にならない。)

・正直言って、この人に対する不満はそんなにないです。






ざっとこんな感じでしょうかね。個人的にはやはり橋上さんと西口さんがチームにとって悪影響を及ぼしている面が多いと思います。仮にリーグ優勝しても、この2人は現場から離れて欲しいと思っています。一番離れて欲しいのは現2軍監督の潮崎さんですがね。





よければポチっとひと押しお願いします!

全力で応援したい方は外野席で応援を 現地での野球観戦は自分1人だけではありません!

どうやら山田選手の熱男は自主練の際に松田選手から許可はもらっていたようですね。登場曲も松田選手の使用していた楽曲を同じく使用するなど、かなり松田選手を尊敬しているようですね笑。許可をもらっていたなら熱男は問題ないですが、個人的には山田選手オリジナルのものを見たいと思います。




さて、今日起きたことを説明したいと思います。


まず、今日の試合は日本ハムファンの知り合いと2人で1塁側の内野指定S席で観戦していました。私は試合開始2時間程前に到着したので、日本ハムの打撃練習を見ていました。杉谷選手の面白い打撃練習も見ることが出来ました笑。



席の配置として、私の右隣に知り合いの日本ハムファンが座りました。その右隣にいたのが今回問題の日本ハムファンの人が座り始めました。



最初に異変を感じたのがスタメン発表です。スタメン発表の際は選手1人ずつに応援団がコールをしますが、内野席では少し考え難いほどの声を出していました。しかし、この時はまだ私も声が大きいなぐらいしか思わずに、発表されてから知り合いを迎えに行きました。




明らかな異変が起きたのが試合開始してからです。その人はスコアを書く準備をしていましたが、内野席でスコアを記入している人は普通に見たことがあるので、それは別に問題ではありません。ただ、スコアを記入している人は時間の制約とかがない限りはどんなにクソ試合であっても最後まで試合を観戦する人がほとんどです。これが後に嫌な方向に引っ張っていきます。




さて、試合が始まります。ここから問題が起こりました。何が問題か、応援の声がエゲツない程の声量だったことです。

別に応援するのは当然だろ、声出して応援の何が悪いのか、という意見はあると思いますが、その応援の声量が内野席で応援する声量をはるかに越しているからです。声量が外野応援席と一緒なわけです。



皆さんは内野席指定席で外野応援席バリの声援を送っている人を見たことがありますか?私は何年も試合観戦をしていく中で、内野指定席でこのような大声量を出して周りの空気を読まずに応援している人は初めてでした。メットライフドームに限らず、東京ドームや神宮球場、今年観戦しに行った横浜スタジアムでもこのような行為を見たことはないです。




その人は西武ライオンズに対しての過度な悪口はなく、ただひたすら応援していたので口の悪さがなかったのがせめてもの救いでしたが、とにかく声援がうるさすぎて私は非常にゲンナリしました。隣にいた日本ハムファンの知り合いも顔が引きつっていました。周りの内野指定S席の方も「何だコイツは」というような目で見たり、うるさすぎて顔をしかめたりと明らかに不愉快な表情をされていた方がほとんどでした。



幸いなことに榎田投手は2回から立ち直り、さらに打線も爆発したので、2回以降からは声量が少し落ち着き始めました。それでもやかましいに変わりはありません。スコアは相変わらず記入しています。




そして一番イラついたのが6回でした。この回は榎田投手が打たれ始めて、日本ハム側も今日一番の見せ場を作ります。日本ハムファンの応援ボルテージも上がっていくに連れて、問題の日本ハムファンの声量がまた復活して、さらにバカでかい声量になっていきます。


そしてチャンスになったところで日本ハムのチャンステーマが流れていきます。ここが問題の日本ハムファンの大声量のピークとなりました。

何が凄いかって、とにかく耳が痛くなる程の音域でしかも大声量で応援してくるせいで、私は耳と頭がマジで痛くなりました。隣にいる日本ハムファンの知り合いはチャンスなのに完全に無反応になりました。

特に日本ハムのチャンステーマの中で『打ってー打ってー◯◯(選手名)、打ってー打ってー◯◯(選手名)』と男性女性で交互に応援するところがあります。そこになると無音→いきなり騒音ととにかく耳に加えて心臓にまで悪い域に達する程のレベルでした。目の前にいたライオンズファンのユニを着た方も、交互の際は騒音になるところで毎回耳を塞いで対策を練るほどでした。

正直言って、チャンスでの打者対投手の対戦よりも早く打ち損じくれないかなとその打席とチャンステーマが終わるのを優先してしまいながら試合を観戦していました。野球の全力勝負よりも周りの環境が原因で早く終わらないかと思ってしまうのは、長年応援しているファンとしては情けないと思ってしまいます。しかし、それだけ酷いレベルでこっちは迷惑していたということです。



そしてまた幸いなことに榎田投手は1失点で6回を切り抜けることが出来ました。さらにその直後に打線が鍵谷投手を攻略したため、日本ハム打線は完全に大敗ムードの中で試合を行うことになります。




結局は最後に渡邊選手の本塁打が出た時はまた騒がしくなりましたが、6回のチャンステーマ地獄を味わった私自身としてはそんなにうるさく感じることなく(というよりも感覚が麻痺して)、試合終了とスコアを書き終えたのと一緒にその日本ハムファンはドームを去りました。私はその後はヒーローインタビューを落ち着いて見ることが出来ました。




今日の経験は人生で初の出来事でした。知り合いの日本ハムファンもでした。正直言って、かなりイラついたり試合以外でストレスになったりと、大勝したはずなのになぜか変な疲れが残りました。




問題の日本ハムファンの人はデカイ声で選手やチームの悪口は言わず、ただ周りの空気を読まずにバカデカイ声出して応援していただけだったのがせめてもの救いでした。これで西武ライオンズの悪口をかましていたとなると、おそらく私と口論になっていた可能性があります。

一生懸命応援していたので、根は悪い人ではなかったと思います。ただ、周りの空気を読む力がなかった(いわゆるKYというやつ)ことと、自分視点でしか考えることが出来なかったことが原因だと思います。こういう野蛮な行為を行うことで、真面目に試合観戦をしている他のファンも一緒の括りにされて、これだから日本ハムファンはマナーが悪いだの何だの言われる危険もあるわけです。




別に今回の一件で私は日本ハムファンのマナーは最悪だとか非常識な連中だ、なんて言うつもりはありません。つもりはないですし、そもそもそんな風に思ってもいません。個人的には日本ハムファンの方は比較的に温厚な方が多く、真面目で一生懸命応援されているという好印象を持っています。(私の弟はどちらかと言うと愚痴をこぼす派で、今日も帰宅してからは何でこの采配はこうなんだと不満連発でした笑。)だからこそ、今日の一件には非常に驚いてしまいました。




私は落ち着いてゆっくり試合を見たいのと、外野で初回から最終回まで応援する体力があまりないため、基本は内野指定席を選んでいます。勿論外野で応援する際は事前にそのことを頭に入れた上で試合観戦は行なっています。



この事は西武ファンの方も一緒です。逆の立場だったら、今度は西武ファンのマナーがああだのこうだの言われてしまいます。自分1人の野蛮な行動で真面目なファンの方を巻き込むのは言語道断です。




これだけは言いたいです。全力で応援したいのなら外野席で、内野指定席は声を張り上げて応援する席ではありません。全力で応援+座ってスコアを書きたいのであれば、外野席のすぐ隣の座れる席で行うべきです。少なからず1塁ベース付近にある内野席指定席でバカデカイ声を出して応援するのは明らかに周りの方の迷惑となります。現地での野球観戦は自分1人だけのものではありません。周りのファンの方もいらっしゃいます。内野指定席でバカデカイ声を張り上げている人、一度周りのファンの目線を見てみてはいかがでしょうか、あなたに対して不快な視線が集中していることになっていますよ。





よければポチっとひと押しお願いします!