ライオンズファンの野球観戦日記

主に西武ライオンズの試合の感想を中心に書いていきます!宜しくお願いします!

期待したい高木勇人・齋藤のオーストラリア遠征組

皆さんがあまり注目されていない選手の中では、高木勇人、齋藤両投手に私は注目しています。



昨年の成績から見ても期待外れだという意見が出ている高木勇人投手ですが、私はそんなこと全く思っていません。今年は最低でも5勝はしてほしいと思っています。



元々先発として試合を作る能力は十分に持っている投手です。昨年ダメだった理由はいくつかありますが、まずは強気で攻める投球が出来なかったことでしょう。


5月頭のオリックス戦だったでしょうか。初回にオリックスの選手(たしかロメロ選手だったような)に死球を当ててから、バッテリーもろともインコースを攻めることが出来なくなり、そこから集中打や自滅の道を辿ってしまいました。思い返せば、その試合が高木勇人投手にとって一つの大きな分岐点だった気がします。



当たり前ですが、ドラフト1位の齋藤投手とは違い、野上の人的補償で来た選手なので、やはり起用の優先順位はどうしても低くなりがちです。首脳陣からの評価もそんなに高くなく、昨シーズン最後の登板となったソフトバンク戦(現地観戦しました)では、気合いが空回りしてか、投げ急ぎすぎた感じもあって、浮いたボールを痛打されまくって炎上して終了しました。



あの時は何やってるんだと怒りを覚えていましたが、今思えばインコースを攻める投球であったり、ボールに体重がのっていなかったりとやはり調整不足や実戦不足もあったのではないかと思います。




オーストラリアではカーブの習得にも力を入れていたらしいですが、本来の持ち味は強気で攻める投球です。そこにカーブを交えてさらに相手打線を翻弄するという投球を見せればいいのでは、と思います。





一方の齋藤投手ですが、最大の武器のスライダーだけでプロ初勝利を手にしたように、スライダーに関しては本当に一級品です。しかし、それ以外の部分の欠点がかなり重いです。基本的に球威、コントロールは平均以下、そして最大の弱点であるメンタルはプロでも最下位争いではないかというレベルで弱メンタル投手です。オーストラリア遠征ではメンタル強化もやって欲しかったのですが、果たしてどうでしょうか。





この両投手の起用法も明確化するべきでしょう。高木勇人投手は先発、齋藤投手は中継ぎに固定するべきです。


特に昨年の高木勇人投手がダメだった理由に関しては、首脳陣の起用法にも大きな問題がありました。元々先発一筋でオープン戦を投げていましたが、開幕直前になって急に中継ぎに回されました。その中継ぎでも炎上しても先発に戻すのに1ヶ月ぐらいかかってしまったことは、大きな反省点です。本当に土肥コーチの采配は論外でしたが、小野コーチには昨年の反省を踏まえた投手采配をお願いしたいです。



齋藤投手に関しては、私は既に先発で結果は残さないだろうと判断しています。適性としては先発は良くて△、中継ぎは文句なしの◎です。

齋藤投手に目指してほしい投手は、日本ハムの宮西投手です。将来的には年間50試合以上投げる左のセットアッパーですが、まずは左キラーとして経験を積んで欲しいです。



なぜ先発が向いていないのか。まずは齋藤投手の最大の武器であるスライダーを活かすには、中継ぎというポジションが一番活きるからです。


そして、先発を考えた時に、球威、コントロールがなくて変化球も使えるのがスライダーだけ、メンタルも弱すぎてさらにスタミナ不足となると、ここから先発を考えてもあと最低3年は育成に時間がかかります。中継ぎで考えれば、3年後にはリリーフエースになっている可能性もたります。



まだ辻政権は齋藤投手の先発起用を考えていそうですが、すぐにでも中継ぎのエースとして育てる意向を示して欲しいと思います。






よければポチっとひと押しお願いします!

迫る春季キャンプ 着実に準備を始める選手達

春季キャンプが近づくにつれて、続々と自主トレ情報が流れ始めました。



浅村選手の「ライオンズを倒す」という発言が非常に不愉快かつ気にくわない(長野選手や内海投手は一言も巨人を倒すなんて発言していません)ですが、それはシーズン始まってからの対戦で、大ブーイングで返してやりましょう。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000032-sph-base


まずは新加入選手の一人である内海投手。もう腹を括ってくれたのか、青の練習着で西武で活躍するという気合いを見せてくれました。こういった姿勢を見せてくれるのは、やはりファンとしては嬉しく思います。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000010-tospoweb-base


こちらは森選手。今年に入ってから意識的な面で大きな変化が。これまでは打撃で活躍したいという発言が目立ちましたが、ここに来てようやく正捕手としての自覚が芽生えたような発言をしてくれました。まずは打たれた時に反省して改善する姿勢が大事です。昨年はそれがほとんど出来ていなかったので、今年は試合に出場しながら成長する姿も期待したいです。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000026-spnannex-base

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00280527-fullcount-base


その他、山川選手や外崎選手、さらには新人選手の情報も続々と入ってきています。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000549-sanspo-base


ちょっとだけ不安な情報も。小野コーチの発言ですが、少し焦りすぎている可能性が。勿論小野コーチの発言自体に何ら間違いはありませんし、キャンプまでに自主トレでコンディションを整えられていない選手は問題です。しかし、どうもこの発言からは投手を無理やりブルペン入りさせたり、そして怪我のリスクも考慮しているのかという不安があります。


私のただの心配性なだけであればいいのですが、いかんせんダメコーチの前科ありの人物なので、指導力や采配には不安材料がてんこ盛りです。





最後に辻監督をはじめとした首脳陣やファンの期待が日に日に膨らみつつある松本航投手と山野辺選手について。ちょっとだけYouTubeの動画を見た感想を述べておきます。



・松本航投手

ストレートの球筋は非常にキレイでした。あのキレで本当に150kmを出せるのであれば、それだけでも大きな武器になると思います。課題はスタミナよりも、まずは変化球。齋藤投手と比べて劣っている点は、勝負球として使える変化球がまだないかなという印象です。




・山野辺選手

身体能力は秘めている選手という印象ではありましたが、あまり具体的に参考になる動画がなかったもので、現時点ではこれ以上はという感じです。ただ、あまり無茶振りするようなスイングはしていなかったので、ミート力は低くないと思います。源田選手並みの活躍はしない方がいいでしょう。源田選手は完全に例外の選手として扱いましょう。





よければポチっとひと押しお願いします!

FA制度考察 —まえがき—

少し時間も出来たので、これからFA制度について、一から考えて直してみたいと思います。FAなんかどうでもいいという人もいるかもしれませんが、少なからず西武はこの制度の最大の被害者となっているので、西武ファンはこのFA制度については詳しく把握した方が良いのでは、と思います。




FA制度を考察する前に、今回のオフシーズンでのFA動向を整理しましょう。



・浅村(西武)→楽天:金銭

・炭谷(西武)→巨人:内海

・丸(広島)→巨人:長野

・西(オリックス)→阪神:竹安



色々とあったFA動向でしたが、FA制度創設者の讀賣巨人軍がここに来て大きく方針転換に動いたことが明確となりました。



原監督の現場復帰が要因にあると思いますが、球団の功労者であるベテラン選手でも、若手選手と比較して取られるリスクが少ないと判断されたら、容赦なくプロテクトから外されるようになりました。



その結果として内海投手、長野選手がそれぞれ人的補償として移籍する形となりました。両者ともに選手以前に人格者としても評判が良かったということも西武、広島が選んだ理由の一つにあると思います。特に長野選手に関しては内心は色々と葛藤があると思われる中で、広島でプレーすることの出来る敬意や背番号9は野間選手へと言い背番号5を着用するなど、本当に紳士的な対応を見せています。内海投手、長野選手ともに移籍前後の球団から拍手で迎え入れられると思います。



一方の炭谷選手、丸選手には険しい道のりが待っています。毎年巨人ファンからはFAで獲得する意味があるのかという意見がありますが、今年は異常なレベルで厳しい目で見られるでしょう。両選手ともに巨人内外からも下手したらブーイングなんてこともあり得なくない話です。



これまでの人的補償の経緯から、若手選手のプロテクトを厚くしたいという考えは分からなくもないです。しかし、過去に他球団からの指名を断ってまで巨人の入団を希望した選手をこうも易々とプロテクト外にすることが一番の問題だと思いますが。



それに丸選手の補強は分かるにしても、小林選手がいるのに炭谷選手を補強したり、怪我が不安視されてからか楽天がそこまで獲得に動かなかった岩隈投手を獲得、終いには大して活躍もしない癖にデカイ態度と金銭しか要求しない中島ごときに1.5億も出して補強するなど、どう見ても原監督の好き嫌いで選手の流入が進んでいると思われます。





問題は、このFA制度が今後何かしら変化する可能性があり得るということです。少なからず、今回の人的補償で巨人内外から様々な意見や批判が飛び交いました。人的補償そのものについても疑問視する意見も挙がっています。





私は巨人ファンでもアンチ巨人でもありません。巨人がリーグ優勝しようが最下位になろうがどっちでも構いません。しかし、今年に関しては巨人の動向を注意深く観察する必要が出てきました。



完全に勝手な憶測で話を進めますが、もし仮に巨人の新戦力が活躍した上でのリーグ優勝を達成出来たのであれば、おそらくFA制度はこのままでいくと思います。結果が第一の世界ですから。

問題は新戦力が全く機能せず巨人はBクラス入り、そして内海投手と長野選手は移籍先でそれなりに活躍したとなれば、いよいよ讀賣巨人軍は本気でFA制度を変えに動いてくると思われます。それこそなんでFAでこんな選手を獲った、人的補償で流出させたんだという非難が殺到することになるでしょう。




今年のシーズンはFA制度が大きく変わるきっかけになるシーズンになるかもしれません。









よければポチっとひと押しお願いします!