ライオンズファンの野球観戦日記

主に西武ライオンズの試合の感想を中心に書いていきます!宜しくお願いします!

菊池雄星の穴埋めはいかに

昨日の続きです。



菊池雄星投手の穴埋めはまず無理だと発言しましたが、理由は流出の穴が大きいことと、なによりもその穴埋めをする選手がいないということです。ここに関しては戦力ダウンは間違いなしです。



本当は阪神にFA移籍した西投手なんか獲得出来れば穴埋めは出来なくても、ある程度補うことは可能だったと思います。西投手は10勝しても10敗する投手ですが、そもそも西武にはまず10勝する可能性のある投手がどれだけいるのか、という話になります。


とはいえ、阪神は4年20億という破格の契約を提示してきたので、仮に西武がFA戦線に参加したところで勝ち目はなかったでしょう。「FAは選手の権利」とかよく言われていますが、実際のところは金満球団が大金を積んで選手を補強するだけの制度です。選手の権利とはただの建前の話です。もうそろそろこの制度の現実にみなさんも気付いてきた頃でしょう。




補強出来なかったものはもうどうしようもないので、現有戦力で考えてみましょう。


まず皆さんが期待していると思われるのは、炭谷選手の人的補償で加入した内海投手です。しかし、内海投手が最後に二桁勝利を挙げたのは2013年のことであり、それ以降は年々劣化との戦いを強いられている現状です。



榎田投手の成功例があるので、期待する気持ちも分かります。しかし、榎田投手は金本政権からそもそも戦力として見られていなかったことや先発なのか中継ぎなのかもはっきりしない状況で本人も投げていたり、そしてなによりも1軍での登板機会が非常に限られていたという部分もあって、パリーグでは初物効果に加えて、明確なポジション提示に本人のモチベーションアップも活躍の一つにはありました。



その一方の内海投手ですが、投手陣のリーダー的存在として巨人を引っ張ってきたのは勿論ながら、打ち込まれても高い優先順位で再度先発のチャンスを貰えたり、巨人での立ち位置には何ら問題はありませんでした。つまりは、1軍でのチャンスがなかったり起用法に問題があるという話ではなく、結果が出ていないのは明確に自分自身の投球に問題があるということです。



別に内海投手が全く通用しないと言っているわけではなく、だいたい5,6勝前後、運も味方すれば8勝はするのではないかと予想します。しかし、仮に8勝したところで菊池雄星投手の穴埋めにはならないということです。




ではどこに期待するか。不確定要素満載で良いのであれば、私は現時点では高橋光成投手に期待します。


仮にですが、高橋光成投手が才能を完全に開花させたのであれば、菊池雄星投手の穴は簡単に塞がります。あの良い意味での荒々しいストレートが決まれば、相手打線を簡単に封じ込めるだけの実力は秘めています。



高橋光成投手を潰したと断言してもいいレベルで指導者としては無能だった潮崎さんがフロント入りしてくれたおかげで、いよいよ名誉挽回のチャンスが訪れましたが、2年目の前半に投げていたダイナミックなフォームや荒々しいストレートは、昨年の投球を見ても分かるように、完全に失われている状態です。1年で全部取り戻すのはやや厳しいかもしれません。




現実的に戦力ダウンを必要最小限で抑えると考えれば、内海5勝+高木勇人5勝+伊藤5勝=15勝です。要するにこの3投手で補っていこうという考えです。



高木勇人投手ですが、オーストラリアでの実戦ではシュートに加えて、カーブの精度強化にも取り組んでいたらしいです。西武ファンからの評価は低いですが、私はそれなりに期待している投手の1人です。インコースを攻め切る投球を取り戻せれば、自ずと結果は付いてくるでしょう。




伊藤投手ですが、まずは6回まで投げ切るスタミナを身に付けられるかです。仮にスタミナ不足が改善されていないのであれば、この5勝というのは厳しいかもしれません。ボール自体は悪くなく、思い切りの良さは好印象です。ただ、甘くなるとすぐに長打を打たれるので、そこは課題の一つにあります。




菊池雄星投手の穴埋めに関しては、全員野球でなんとかするしかなさそうです。本当は先発の枠が一つ空いて、誰が頭角を見せるのか楽しみにならないといけないのですが、不安しかないという悲しい現実です。





よければポチっとひと押しお願いします!

主力流出の穴埋め考察

今年(昨年?)のオフシーザンでは主力選手としては、浅村選手、炭谷選手、菊池雄星投手の計3選手が流出しました。この3人の穴はとてつもなく大きいものです。



やっぱり今年のフロントも選手への大盤振る舞いの契約更改以外では何も動かず、秋山選手の複数年契約を結ぶことにも失敗して、例年通りのオフシーザンとなりました。


そして辻監督もこのフロント陣に愛想を尽かしたのか分かりませんが、後藤オーナーに戦力補強を要求することなく、現有戦力で最大限補おうとする意向を見せています。この姿勢は高く評価します。




さて、この3選手の流出による戦力ダウンが心配されていますが、実際のところはどうなのかを考えていきたいと思います。






・浅村の穴埋め

一番流出の穴が大きい一方で、穴埋めが最も期待出来るのはここだと思います。


辻監督も真っ先に外崎選手の名前を挙げましたが、流石に浅村選手には劣るにしても一定の目処のつく選手がいること、そして外野手に関しては群雄割拠状態であるということです。将来性に関しては、2軍にも鈴木将平選手、愛斗選手ら試してみたい選手は多数います。金子侑司選手や木村選手も油断しているとレギュラーの座がすぐに奪われてしまうぐらいだと思います。



既に外崎選手もセカンドを想定しての自主練を行なっているという情報もあります。怖いのは怪我だけで、実際のところ浅村選手に関してはそこまで大きな問題ではないと思います。






・炭谷の穴埋め

よく岡田選手がいるから炭谷選手はいなくなっても大丈夫とコメントしている人を見かけますが、一体何がどう大丈夫なのか明確な根拠を挙げて欲しいとつくづく思います。こう思っている人に関しては捕手の重要性を理解していない人がほとんどでしょう。



捕手は打てばいいというポジションではありません。1回〜試合終了までずっと投手陣をリードしていく超重要ポジションです。昨年も森選手、岡田選手ともにこの部分が大きく劣っています。


問題は、昨年の反省をどこまで活かせるかです。課題はそれぞれありますが、共通している部分の一つとしては、メンタル面の弱さです。ピンチになると両選手ともに逃げ出す癖が酷かったので、打たれるのは仕方ないにしても、まずは逃げずにリードすることを身に付けて欲しいです。森選手のチキンハートは異常なレベルでした。



ここに関しては不確定要素が大きいので、オープン戦が始まらない限りは何とも言えません。メンタル面もそうですが、必要最低限の相手主力選手の弱点ぐらいはちゃんと頭に入れてリードした下さい。今年はベンチスコアラーと秋元コーチの指導能力も問われる1年になると思います。






・菊池雄星の穴埋め

一番の問題点はここです。まず結論を言うと、菊池雄星投手の穴埋めは無理です。逆にここの穴埋めが出来たのであれば、2年連続リーグ優勝の可能性が一気に高まると思っても問題ないでしょう。


浅村選手ほどではないにしても、14勝貯金10、防御率3.08、163.2回を投げた投手がいなくなるわけです。このレベルの投手が1年で飛躍するほどの投手力が、今の西武にはありません。指導者の問題もありますが、そもそもの粒や素質がいないという部分もあります。



ここに関してはまた明日書きたいと思いますが、投手はそもそも人材難の中での流出なので、楽観視出来ません。今年の先発投手の成績は、まず間違いなく落ちると思った方がいいと思います。






よければポチっとひと押しお願いします!

当ブログ再開のお知らせ

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。



私事ですが、無事に卒論を提出することが出来て、余程の事態が起きなければ3月をもって大学を卒業することが出来ます。そして4月からは社会人になることがほぼ決まりました。



社会人になるということはこのブログの存続が若干危ぶまれますが、それでもどんな形であれ極力は続けていく方針です。



ブログを休んでいる間にも、西武に関するニュースは山ほどありました。私も全ては把握出来ませんでしたが、概ねはニュース等を見て動向を把握していました。これからのブログではこれまでの出来事や2月以降の動向にも注目していきたいと思います。





今年度もよろしくお願い致します。