ライオンズファンの野球観戦日記

主に西武ライオンズの試合の感想を中心に書いていきます!宜しくお願いします!

9/14(金)西武×楽天第23回戦 —武隈の大炎上で快勝とはいかなかったものの9連戦初戦は白星スタート—

10-5で勝利です。勝たなければいけない試合で手堅く勝利しました。



先発は菊池雄星投手。初回は三者凡退に抑えます。ストレートの球威も抜群で、変化球でもしっかりカウントが取れています。


3点の援護の入った2回です。2アウトからヒットを許して、内田選手を迎えます。



今日一番危なかったのは2球目のスライダーでした。完全に芯で捉えられてあわやの大飛球でしたが、幸いにもファールでした。最終的には内田選手を空振り三振に抑えて、菊池雄星投手も一気にテンポを上げていきました。


さらに中村選手の3点本塁打の援護が入って、余裕の投球を続けていきます。コントロールを乱すことなく、6回まで0に抑えていきます。


7回です。先頭のオコエ選手に内野安打を打たれるとその後暴投も重なって、ウィーラー選手に少し甘めに浮いたチェンジアップを打たれて犠牲フライで失点しました。完全に暴投が余計でした。


その後8回まで投げて、少し余裕をもって降板しました。




8回97球、2被安打6奪三振無四球1自責点でした。ストレートは常時150km以上を計測して、変化球でもしっかりカウントが取れていたので、無四球という結果に繋がったと思います。多少コースが甘くても球威があったので、完全に捉えられた打球はほとんどありませんでした。これでエース完全復活とはしませんが、久々に安心の出来る投球を見れたと思います。




点差のついた9回に今日1軍登録された武隈投手が登板しますが、これが大問題でした。

村林選手、田中選手にボール先行で2四球、オコエ選手にストレートを打たれてライト前ヒットで0アウト満塁のピンチとなります。島内選手の打球を斉藤選手が無理に突っ込んだ挙げ句後ろに逸らすという守備固めらしからぬプレーをやらかして3失点、さらにウィーラー選手に犠牲フライを打たれて1回で4失点に終わりました。




西口さんの職務怠慢は今に始まったことではないので、それも原因の一つにあることは承知の上で指摘しますが、腕は振れていない、ストレートは伸びない、変化球は決まらない、そもそも1球1球投げてみないと分からない状態で何で1軍に上がってきたのかが理解できません。潮崎さんも何を見ていたのかよく分かりませんし、首脳陣も昨年の成績に固執しすぎです。目の前にいるのは昨年までの武隈投手と増田投手ではなく、リリーフB班も満足にこなせない状態の投手です。この2人の営業貢献度がどの位あるのかは知りませんが、もういい加減に実力だけで投手を見て欲しいと思います。





打線です。点差の付いた4回以降は雑殴りな攻撃だったのは反省点ですが、今日は3回までに3本塁打7得点と効率良く点を取ることが出来ました。



まず1本目は山川選手。外角へのスライダーでしたが、いいタイミングで呼び込んで余計な力を入れずに上手く打つことが出来ました。その後もボールを見極められていたので調子は順調そうです。明日からの3連戦は前回の打てなかった分をリベンジして欲しいと思います。



2本目は森選手。落ちなかったチェンジアップをこれまた上手く捉えることが出来ました。森選手も山川選手同様に復調の段階に入っていると思います。明日からの3連戦でどのタイミングで捕手を務めるか分かりませんが、森選手の懸念材料は打撃よりもリードです。



そして3本目は中村選手。真ん中に入ってきたストレートをライトスタンドに運びました。打球もフラフラの打球ではなく捉えた打球でした。明日の千賀投手攻略にも期待したいと思います。



浅村選手も流し打ちでしっかりライト線に運ぶタイムリーヒットで先制点を打つことが出来ました。5回まででベンチに降りたところを見ると腰の状態はよくないと思われますが、明日からの3連戦では無理してでも頑張ってもらわなければいけないです。



秋山選手も今日はインコースのボールに反応したりはありましたが、ボールを引っ張っていき猛打賞の活躍でした。今日は主力投手ではなかったこともありましたが、明日は技有りの一打も見たいと思います。



源田選手は初回の四球と中盤のダメ押しタイムリーヒットは良かったですが、2,3打席目に簡単にアウトになってしまったのはよくなかったです。



栗山選手は無安打でしたが、打球はよく伸びていました。調子は悪くないです。明日は相性の悪い千賀投手ですが、何とか対応して欲しいと思います。



炭谷選手は守備は安定していましたが、打撃では初球狙い打ちみたいな感じで無安打でした。今日はまだいいですが、試合展開に応じては粘りの打撃もしてくれないと困ります。



金子侑司選手は長打が1つでましたが、走塁能力の高い選手なだけに、もう少し四球を選べるような打撃を身につけて欲しいと思います。打てない投手が出てきたら当てるだけの打撃で終わってしまいます。




後は守備に関してです。今日の終盤の守備固めは斉藤選手でしたが、木村選手を守備固め起用で問題ないと思います。確かにこの前守備で一度に二度のミスをやらかしましたが、基本の守備能力は木村選手の方が上です。斉藤選手だと今日みたいに打球判断が遅く突っ込んでいくスタイルになってしまうので、結果今日みたいな事故が起きてしまいます。木村選手なら今日の打球はアウトか最低でも単打に抑えていたと思います。





明日は西武が郭俊鱗投手、ソフトバンクが千賀投手です。どうやら首位攻防3連戦の初戦に郭俊鱗投手を持ってくるみたいですね。3連戦の順番以前に、結局は郭俊鱗投手を起用するのですか。明日はメットライフドームに台湾営業に関するお偉いさんでもいらっしゃるのでしょうかね。明日の試合に勝つには郭俊鱗投手の好投が前提にあります。台湾営業の奇跡でも起きない限りは明日の勝ちはほぼないでしょうね。





よければポチっとひと押しお願いします!

いよいよ優勝を争う9連戦突入 既にやらかしている先発起用は本当に大丈夫なのか

明日からいよいよ9連戦に突入します。浅村選手の負傷や外崎選手の怪我の重症度合いなど不安材料は山積みですが、なによりも一番の懸念は先発投手です。




これからの9連戦で土肥コーチがやらかすであろう先発投手起用を予想しました。11日からのオリックス2連戦もバッテリー合わせて見ていきましょう。



11(火)対オリックス 多和田-森

12(水)対オリックス 榎田-森

14(金)対楽天 菊池雄星-炭谷


ここから個人的な予想(土肥コーチver)

15(土)対ソフトバンク ウルフ-森or岡田

16(日)対ソフトバンク 今井-岡田

17(月)対ソフトバンク 郭俊鱗-岡田

18(火)対日本ハム 多和田-森

19(水)対日本ハム 榎田-森

20(木)対ロッテ 伊藤or高橋光成-岡田or森

21(金)対ロッテ 菊池雄星-炭谷

22(土)対ロッテ 伊藤or高橋光成-岡田or森




先に言いますが、土肥コーチは9連戦に入る以前に2つのミスをやらかしています。


・オリックス戦に榎田投手を当ててしまい、この流れでは次に相性の悪い日本ハム戦に当たってしまうこと

・最悪負けてもいい明日の楽天戦に菊池雄星投手を起用してしまっていること


この2つのミスの結果、首位攻防戦となるソフトバンク戦はウルフ投手、今井投手、郭俊鱗投手という不確定要素満載の3投手で戦わなければいけないという圧倒的に不利な状況を作ってしまいました。ソフトバンクは千賀投手、ミランダ投手、大竹投手と前回3タテを喫した3投手を注ぎ込むという万全の布陣で挑んできます。



さて、ミスしてしまったことを悔やんでもどうしようもないです。大事なことは今可能な戦力でどうやりくりしていくかです。ここからは私自身が土肥コーチやフロントの考えをガン無視した先発投手起用の案を考えていきたいと思います。



15(土)対ソフトバンク ウルフ-炭谷

16(日)対ソフトバンク 今井-炭谷or岡田

17(月)対ソフトバンク 高木勇人-岡田

18(火)対日本ハム 多和田-森

19(水)対日本ハム 高橋光成-炭谷or森

20(木)対ロッテ 榎田-炭谷

21(金)対ロッテ 菊池雄星-炭谷

22(土)対ロッテ 伊藤or郭俊鱗-炭谷or岡田



主に言いたいこととしては、


・前回2回までに6失点した弱メンタル郭俊鱗投手を同じソフトバンク戦で起用するのは言語道断。フロントの台湾営業だか何だか知らないが、郭俊鱗投手を起用するならせめてロッテ戦にするべき。(とは言っても高木勇人投手も不安。最終手段としては多和田投手の中5日起用で日本ハム戦に高木勇人投手だが、そんなことしたら多和田投手が最後にガス欠する恐れあり)

・日本ハム戦での榎田投手起用は半ば自滅行為同然。榎田投手は相性の良いロッテ戦に回して、ここは高橋光成投手を起用するべき。(いくら相性よりもローテ重視の土肥コーチでも、流石にこれは考えてくれると思う、これで平然と榎田投手を日本ハム戦に起用して炎上したら、土肥コーチも晴れてポンコツコーチ陣の仲間入りも一緒となる)

・主戦捕手は炭谷選手。フロントも本気で優勝したいなら今こそ炭谷選手の力を最大限に利用するべき。特に森選手のリードはしっちゃかめっちゃかな状態でとても信用には置けない。岡田選手も森選手よりはマシな程度であって、相性によってかなり結果が分かれるのと致命的な弱肩が捕手として足を引っ張っている。少なからずウルフ投手と榎田投手は絶対に炭谷選手に戻すべき。







土肥コーチの目先しか見ない中継ぎ投手起用もそうですが、相性や重要なカードをガン無視している先発起用にもかなり呆れている状態です。育成面はあるだけに、本当に良い悪いがはっきりしているコーチです。仮にリーグ優勝しても来年は2軍投手コーチで育成一筋で頑張って欲しいと思います。





よければポチっとひと押しお願いします!

9/12(水)西武×オリックス第25回戦 —昨日と逆スコアで完敗 ソフトバンクとのゲーム差は3に—

7-0で完敗です。昨日とスコアも内容も真逆となりました。




先発は榎田投手。初回です。2アウトからロメロ選手にヒット、吉田正尚選手に四球でピンチとなりますが、中島は外の変化球で空振り三振に抑えました。


2回です。先頭の武田選手にヒットを打たれます。2アウトから若月選手にヒットを打たれて1,3塁のピンチとなりますが、福田選手をセカンドゴロに打ち取って0に抑えました。


3回です。先頭の山足選手にストレートを捉えられて2塁打を打たれます。ロメロ選手は四球で0アウト1,2塁のピンチとなりますが、吉田正尚選手は痛烈な打球もファースト正面で併殺打、中島はカットボールで空振り三振に抑えました。この回は運にも助けられましたが、フォークを主体にリズムの良い東明投手と比べて、榎田投手は非常にテンポが悪いです。先行きが不安になります。


見事にその不安が的中したのが4回。2アウトから宗選手に3塁強襲の2塁打を打たれます(中村選手も取れないにしてもせめて打球にグラブを当てて欲しかったです)。2アウト2塁とこのピンチで若月選手を迎えます。



この打席に限らないですが、森選手も基本が外リードでは、相手も的を絞りやすくなってしまいます。結局4球目のチェンジアップ(スクリュー系)を前進守備の後ろを行く3塁打を打たれて失点しました。


5回です。この回からは一気に球威とキレが落ちました。ロメロ選手、吉田正尚選手に連続本塁打を打たれます。さらに秋山選手と山川選手が連続でエラーをやらかして、回の途中で降板しました。




4.1回111球、9被安打5奪三振3四球3自責点でした。今日は良かったボールもあった一方で抜け球も多く、そこに森選手の際どい構えで無駄球も重なってしまい、最後はスタミナ切れでKOされてしまいました。まあそれ以前に今日投げさせる理由があったのか。榎田投手をソフトバンク戦に回して今日は高橋光成投手を登板させる方が良かったと思います。このまま来週に相性の悪い日本ハム戦に登板させるのは自滅行為になります。




1アウト1,3塁のピンチで齋藤投手が登板します。宗選手は全く勝負出来ずに四球で満塁としますが、若月選手はショートゴロ併殺打に抑えました。


6回も続投します。しかし2つの四球で1アウト1,2塁のピンチとなり、吉田正尚選手は併殺打の打球をなぜか源田選手が打球判断を誤ってしまい、結果センター前ヒットで失点します。さらに中島にも四球を与えてしまい、ここで降板しました。論外の一言でした。




1アウト満塁から相内投手が登板します。小田選手は明らかなボールを振ってもらって空振り三振に抑えましたが、安達選手、宗選手に連続タイムリーヒットを打たれて試合を決定付けてしまいました。8回も失点して、今日は6被安打と打たれました。




相変わらず西口さんは何をしていたのかよく分かりませんが、齋藤投手も相内投手もあまりにもメンタルが弱すぎです。この2人に関してはボールとか身体作り以前に、メンタルトレーニングを第一に取り組んだ方がいいような気がします。






打線です。昨日とは変わって4安打完封負けと惨敗でした。全体的に東明投手のフォークにかなり苦戦した印象でした。そして浅村選手の欠場です。結果的に浅村選手の代わりに呉選手を起用しなきゃいけなくなり、しかもチャンスに弱いメヒア選手と呉選手を重ねて起用しては打てないのも無理はありません。金曜の楽天戦には戻ってこれそうですが、やはり浅村選手の存在次第で打線の破壊力が大幅に影響することが改めて分かりました。



そして今日は守備のミスも目立ちました。秋山選手と山川選手、さらに源田選手も記録に残らない打球判断ミスと3つもミスをしては全体的にリズムを崩してしまいます。



さらに森選手。いい加減外一辺のリードを考え直してもらいたいです。特に根拠もなく同じリードをしてしまっては、相手にも簡単に狙いを絞られてしまいます。さらにミットの構えもずっと際どいところばかりでは、今日みたいにカウントが取りにくくなってしまいます。榎田投手は絶対に炭谷選手の方がいい結果を残せると思います。






オリックス戦は14勝9敗2分と貯金5で終えました。多和田投手のオリックス戦の6勝がそのまま勝ち越しに影響しました。6点ビハインドを逆転した一方で、7点リードをひっくり返されるなど、どっこいどっこいな印象はあります。昨年よりも進歩はありましたが、ロメロ選手への対策はしっかり練って欲しいと思います。





よければポチっとひと押しお願いします!