ライオンズファンの野球観戦日記

主に西武ライオンズの試合の感想を中心に書いていきます!宜しくお願いします!

炭谷銀仁朗もFA宣言へ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00383650-nksports-base


炭谷選手もFA宣言濃厚という報道が各スポーツ紙で始まりました。


炭谷選手のFA宣言に対する考察は後で書きます。




さて、移籍球団ですが、巨人か楽天の二択と考えていいでしょう。個人的にはオリックスやソフトバンク、中日辺りは捕手も補強ポイントなのでFA戦線に参戦してくるかなと思いましたが、ここまできて何も情報がないということは獲得の意思はないと判断出来ます。




一番最初に報道が出たのは楽天です。狙いは捕手強化よりも西武選手の情報入手でしょう。細川選手がソフトバンクに移籍してから西武はしばらく負け越すようになりましたが、原因には細川選手の情報提供があると思います。楽天には岸投手がいるので、岸-炭谷のバッテリーが復活してしまっては、来年以降かなりの厄介事として立ちはだかると思います。一時期ではありますが石井一久GMともバッテリー経験はあるので、岸投手を上手く利用して移籍に促してくる危険もあります。




そして最初は冗談かと思いましたが、巨人も本気で獲得に動くらしいです。巨人の補強ポイントとは全く合致していませんが、原監督が欲しいと言っているのであれば、獲得に動くのは納得出来ます。


しかし、阿部慎之介選手が捕手に復帰するという話も出てきている中で、出場機会を求めている炭谷選手をどう起用していくのかは疑問です。巨人フロントは素人レベルのことしかしませんが、現場の原監督には何かしらの考えはあるのではないかと推測します。




仮に移籍するにしても巨人にしてくれと思います。楽天にこれ以上移籍されてしまっては西武はただ選手を育成しては仙台に出荷するただの家畜球団みたいな扱いのようで、個人的には凄く嫌な気分です。楽天だと来年以降も強敵として立ちはだかるのも勘弁してくれと思います。







炭谷選手に関しては、これまでのFA選手とは少し事情が変わってきます。浅村選手のFAと同じ扱いにしてはいけません。炭谷選手はお金や環境ではなく、出場機会を求めています。



思い返せば2014年からFA権を取得しましたが、今年までFA宣言はせずに残留してくれました。浅村選手の「悩んでる、チームへの愛着はある、他球団の評価も聞いてみたい」という発言は完全に嘘の可能性もありますが、炭谷選手のチームへの愛着があるという発言は事実でしょう。愛着がなければ今年まで残っている理由はありません。



FA宣言に至った理由は起用法にあります。しかし、それは単に森選手が主戦捕手になったからだけでなく、寧ろ岡田選手より下の第3捕手に格下げされたことが一番の要因なのではと個人的には思います。



森選手は将来性や打撃力があっての起用というのは納得出来ますが、岡田選手を第2捕手として起用する理由は私はずっと疑問に思っていました。



これはフロントの圧なのか、それとも現場首脳陣の判断なのかは分かりません。炭谷選手に関する情報はどこを探しても出てきません。ただ、フロントが森選手を育成したいから炭谷選手を下げるように、と現場に口出ししていたのではないかという疑いを私は持っています。あくまでも完全に推測の域での話です。






浅村選手はまだしも、炭谷選手は誠意ある起用や対応をしていればFA宣言されることはなかったと思います。ここに関しては完全にフロントと辻政権の失態だと指摘します。





FA制度に対して楽観視しているファンの方が多いようですが、FA制度が始まってから球団最多の16人もFA宣言しているのは異常事態です。渡辺GM就任に伴って、一度FA制度について真剣に考え直す必要があると思います。後日にはなりますが、FA制度についての個人的見解や流出阻止対策、今後の希望等をもう一度考え直してみようと思います。







よければポチっとひと押しお願いします!

菊池雄星メジャー挑戦へ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000133-spnannex-base



なぜこのタイミングで報道が出るのかは分かりませんが、菊池雄星投手のポスティングシステム申請が正式に認められました。




正直厳しいとは思いますが、長年の夢を遂に実現させる時が来たのは事実です。流出は痛いですが、メジャーであるなら応援してあげるべきだと思います。少なからず浅村選手よりは絶対に応援出来ます。




今後の動向を見守っていきたいと思います。






よければポチっとひと押しお願いします!

浅村栄斗FA宣言へ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00382892-nksports-base



浅村選手のFA宣言を各スポーツ紙が報じ始めました。おそらくFA宣言は間違いないと思います。



一応宣言残留の選択肢は残されていますが、残留するならわざわざFA宣言なんかしないので、残念ながら他球団移籍を覚悟する必要があります。




さて、問題はどこに移籍するかです。




私は前々からの予想では、オリックス、楽天、ソフトバンク、巨人、阪神の5球団の中からになるだろうと予想していました。





その中で丸選手や炭谷選手、さらに勝手に退団した中島に興味を持っている巨人、西投手に破格の契約を提示予定で上本選手への残留契約も視野に入れている阪神はFA戦線から事実上の撤退だと認識することが出来ます。




なので、浅村選手の移籍先はソフトバンク、楽天、オリックスの3球団に縛られたと見ていいでしょう。





金銭面でダントツで優位に立つのはソフトバンクです。


今年は五十嵐投手や寺原投手、さらに功労者の摂津投手にまで戦力外通告を出すといった大胆な策を打ち出して、総額11億のコストカットに踏み切りました。これでFA補強にかかる金銭面の確保は十分です。



西武は浅村選手に年俸5億を提示しましたが、ソフトバンクだと6億は出すと思います。それくらいは容易に出来る球団なので、マネーゲームになったらソフトバンク一強でしょう。





対抗馬は楽天。報道では4年20億を出す準備は出来ているという話です。石井一久GMも獲得には本腰を入れるみたいです。



4年20億だと年5億です。西武と同じなのにFAする理由はどこにあるんだ、と思いますが、おそらく出来高が凄いことになっているのではと推測出来ます。岸投手も報道以上の金額は貰っているという話(あくまでも噂ですが)を聞いたことがあります。賢いですが手法が汚いフロントなだけに、あり得ない話ではないと思います。




オリックスは一歩二歩後退したと思います。西投手に関しては阪神の破格契約提示のせいで、嫌でもマネーゲームに参戦しなければいけない羽目になりました。金子千尋投手の大幅減俸や中島の退団によって金銭面では余裕が出来ますが、どうも優先順位がそんなに高くないように思えます。中島が勝手にいなくなったせいで、選手側からの手招きも出来なくなりました。浅村選手は大金+早い者勝ちの争いなので、モタモタしているようではオリックスの勝ち目は薄いと思います。






昨年の複数年契約拒否の時点で嫌な予感はしていました。今年も本当に下交渉はしていなかったので、そりゃFA移籍されて当然です。栗山選手や中村選手みたいに自分の意思で残ってくれる選手なんか数える程度しかいません。フロントは浅村選手のFA移籍をどこまで予想していた、残留させる計算が出来ていたのでしょうか?



下交渉もしなければ、交渉術も下手くその一言に尽きます。オフシーズンになってやっと契約交渉をしたかと思ったら、契約提示は3年12億、年4億の契約ですか。。。浅村選手側からしたら、またケチったのかと思いますよ。最初から5億の提示をしていたらまだ浅村選手側の印象も変わっていたと思いますが、少しでも安く済ませようとするフロントのケチ体質を当の本人の前で見せてしまっては、自分には出し惜しみするのかと印象を悪くするのは当然の結果です。





本当に西武フロントの交渉術は12球団トップで酷いと思います。渡辺SDには来年からGMとして、この下手くそ交渉術を嫌でも改善することが絶対条件として求められます。






おそらく炭谷選手もFA移籍するのは間違いないでしょう。そして来年は秋山選手のFA移籍の危機が迫っています。本気で残留してもらいたいと思うのであれば、今年で新たに複数年契約を結ぶ必要があります。それを怠った時点で、来年も覚悟しなければいけないかもしれません。






よければポチっとひと押しお願いします!