ライオンズファンの野球観戦日記

主に西武ライオンズの試合の感想を中心に書いていきます!宜しくお願いします!

9/17(月)西武×ソフトバンク第21回戦 —垣間見えた「優勝」の二文字 ウルフ負傷降板も粘りを見せた中継ぎ投手陣 栗山おかわりのベテランの一撃でM11点灯!—

8-1で快勝です。ヤフオクでの借りを返して、遂にマジックを点灯させることが出来ました。


今日は私用のため試合を見ることは出来ませんでした。(初回だけは何とか見ることが出来ました。)なので、ダイジェストと一球速報を中心に書いていきます。




先発はウルフ投手。初回は三者凡退に抑えます。ツーシームでゴロ2つとカーブで空振り三振と内容は良好です。



2回です。2アウトから上林選手にカーブを拾われて、本塁打を打たれました。幸いにもソロ本塁打だったのでここから切り替えて欲しかったです。



しかし3回にアクシデントが。先頭の明石選手の打球が右太ももに直撃してしまい、ここで降板となってしまいました。初回の投球を見た限りではそれなりに期待の出来る内容だったので、非常に残念でした。



0アウト1塁から武隈投手が登板します。送りバントと四球で1アウト1,2塁のピンチとなりますが、福田選手をスライダーでセカンドゴロ併殺打に打ち取りました。



4回も続投します。ところが2本のヒットと四球で1アウト満塁となったところで降板となりました。やはり勝ちのかかる場面では起用出来ません。ロングリリーフなら小石投手の方が期待出来ます。中継ぎ投手もこの3連戦で疲弊しているので、明日は抹消して入れ替えた方がいいと思います。




このピンチで増田投手が登板します。まさか4回までに武隈投手と増田投手を起用するとは思いもしませんでした。ここで松田選手は初球の外角スライダーでセカンドゴロ併殺打に打ち取りました。岡田選手は昨日の森選手のようなミスはしませんでした。浅村選手もナイスタッチでした。



5回も続投します。変化球を上手く織り交ぜて三者凡退に抑えました。今日は勝ち投手に相応しい投球だったと思います。




6回からは小川投手が登板します。8.1回まで投げてパーフェクトに抑えました。首脳陣の無茶な起用に見事に応えてくれました。今日は小川投手もお立ち台に呼んで欲しかったと思います。



8回の途中からは平井投手が登板します。塚田選手は外角のスライダーで空振り三振、牧原選手もファーストゴロに抑えました。ライナー直撃の影響はなさそうです。



9回は相内投手。ボール先行で四球を1つ与えましたが、最後は長谷川選手をレフトフライに打ち取って試合を締めくくりました。メンタルの弱さは相変わらずのようです。




今日はウルフ投手のアクシデントがあった中でソフトバンク打線を僅か1点に封じたのは賞賛に値するの一言です。この3連戦でかなり中継ぎ投手を起用してしまいました。明日は多和田投手を少し無理に引っ張るか下から投手を昇格させて起用するぐらいはしてもいいです。





打線です。今日はミランダ投手、スアレス投手から計7得点と外国人投手から得点を重ねていきました。



まずは栗山選手。今日は満塁本塁打含む3安打と猛打賞、全打席で出塁と大活躍でした。試合前に柳田選手へ謝罪をしたとのことで、少しメンタル的にも落ち着きが出たと思います。満塁での勝負強さはチームトップクラスなので、今後も5番打者として頑張ってもらいましょう。



もう1人は中村選手。3打席まで快音なしでしたが、4打席目でやっと本塁打を打つことが出来ました。しかし本塁打の打撃もやや打ち損じている感じもあります。昨日のタイムリーヒットも打ち損じてのポテンヒットでした。後半戦からずっと起用が続いていたので、もう疲労の影響が出てもおかしくないです。本当は指名打者で起用したいですが、浅村選手も腰が良くないことと代替えのサード起用出来る外崎選手もまだ2軍調整中なので、現状は中村選手に頼るしかない状態です。せめて今日みたいに試合終盤に守備固めを出す起用は怠らないで欲しいです。


やはりシーズン最終盤になると、この2人のベテラン選手の力が大きな支えになります。10年前のリーグ優勝の立役者だけに、若いチームを引っ張って欲しいと思います。




後は岡田選手のリードもここ最近は改善されているような気がします。少なからずピンチで森選手みたいに慌てることがないのと外一辺リードではないだけマシです。やはり森選手はしばらく指名打者中心で起用した方がいいです。




チーム全体としても前回のソフトバンク3連戦3連敗を反省したのか、この3連戦では打撃が爆発しました。今日も初回だけ見た限りでは、ミランダ投手のチェンジアップを無茶振りすることは少なかったです。やっと橋上さんが反省して好球必打作戦を改めてくれたのかはまだ判断しかねますが、この3連戦に関してはヘッドコーチとしての職務を務めてくれたと見ることにします。



ただし、2回から3回にかけて三者連続での盗塁死は大反省です。積極的な盗塁走塁は良いことですが、捕手が盗塁阻止率リーグトップの甲斐選手であることを忘れてはいけません。甲斐選手の時に関してはむやみやたらに走らずに、球種を読んで正確な指示を出さないと自滅するだけです。今日も3度の盗塁死がなければ、もっと効率良く得点出来た可能性があります。






まさか台湾営業の郭俊鱗投手、成長著しいがまだ不安定さもある今井投手、高齢で低めの投球が出来なくなってきつつあるウルフ投手でソフトバンクの3本柱に勝てるとは思いもしませんでした。本当に奇跡と言ってもいいほどの出来の良さだったと思います。マジックが点灯しましたがまだ11あるので、ここから油断せずに頑張って欲しいと思います。2010年の悪夢を私は忘れていません。





明日は西武が多和田投手、日本ハムが加藤投手です。明日は最悪負けてもいいので、主力投手と選手にあまり負担をかけたくないです。多和田投手がどこまで投げれるかが鍵を握ると思います。






よければポチっとひと押しお願いします!

9/16(日)西武×ソフトバンク第20回戦 —大竹を2回でKOに成功 最後は冷や汗ながらも白星で首位攻防戦連勝 目指すは3タテ&マジック点灯—

8-5で勝利です。最後は猛追を喰らいながらも何とか逃げ切りました。



今日は私用のため試合を見ることが出来ませんでした。なので、ダイジェストと一球速報を中心に書いていきます。




先発は今井投手。初回です。先頭の牧原選手に初球を打たれてヒットとなり、送りバントでいきなり1アウト2塁のピンチとなります。ここで中村晃選手にはストレートを捉えられて右中間に飛びましたが、金子侑司選手のスーパープレーでアウトにします。グラシアル選手は外角低めのスライダーで空振り三振に抑えました。



8点の援護が入った3回です。2アウトから連打を打たれて、その後暴投で失点します。この失点は勿体なかったです。



4回です。先頭のグラシアル選手に2塁打を打たれます。2アウトまでいきましたが、上林選手の打席でボークを取られてしまい、さらに四球と盗塁で2,3塁のピンチになります。明石選手にスライダーをライト前に運ばれて2失点しました。さらに内野安打で1,3塁のピンチでしたが、甲斐選手はセンターフライに抑えました。ストレートが145kmを下回ることが多く、調子は良くなさそうです。



6回です。1アウトから松田選手に四球、上林選手にヒットで1,2塁のピンチとなります。明石選手はショートゴロで併殺打かと思いきや、リクエストで判定が覆り、ここで代打福田選手が出てきたところで降板となりました。




5.2回103球、7被安打4奪三振2四球3自責点でした。2アウトから崩れることが多く、ストレートも150kmを計測出来てなかったので、調子は悪かったと思います。金子侑司選手のビッグプレーがなかったら、もっと失点していたかもしれません。




このピンチで小川投手が登板します。打者は代打の代打川島選手です。ここはスクリューで空振り三振に抑えて見事な火消しを成功させました。昨日のリベンジを果たすことが出来ました。



7回は野田投手が登板します。ここは問題なく三者凡退に抑えました。



8回はマーティン投手。しかし、今日は3本のヒットを打たれて1失点でした。四球で崩れずに失点する姿は久しぶりに見たと思います。



9回はヒース投手。しかしいきなり0アウト満塁と大ピンチを作ってしまいます。ここからグラシアル選手、長谷川選手は連続三振に抑えて、2アウトから松田選手を迎えます。



全球ストレート勝負が問題だったのは勿論ながら、松田選手がストレートを1,2の3でタイミングを合わせて打っていました。要するに完全に相手打者の狙い通りの球を投げてしまい、逆を返せばここで変化球を投げていれば空振り三振が取れていたかもしれないわけです。森選手は相変わらずピンチになると慌てて力任せなリードをしてしまいます。

しかし、最後は上林選手を初球でファーストゴロに打ち取り、何とか試合を締めくくりました。実に心臓に悪かったと思います。






打線です。まず、2回までに8得点は本当にお見事でした。初回の好守備の流れを切らさずに、秋山選手から山川選手まで4人のサイクルヒットで序盤は試合の主導権を握ることが出来ました。



しかし、その一方で3回以降は僅か2安打に抑えられて無得点でした。西武打線の欠点は大差が付くと自分勝手な打撃をし始めることです。今日だって2回で8得点とは言っても、相手の攻撃はあと7回残っていることになります。ソフトバンク打線なら7回で8得点は不可能ではないです。この辺りの各選手の意識付けを再度確認して欲しいと思います。今日は追加点が取れればもう少し安心して試合を見れたのではないかと思います。




最後に、今日試合前練習の際に、栗山選手の打球が柳田選手の頭部に直撃するという事故が発生してしまいました。幸いなことに柳田選手に大事には至らなかったので一安心でした。柳田選手が4番にいたらまた違った展開になっていたと思います。正直柳田選手がいなかったことも勝因の一つにあったと思います。

しかし相手チームに遠慮しろとは言っているわけではなく、勝負になったら遠慮抜きで正々堂々戦うべきです。今日栗山選手は無安打でしたが、おそらく柳田選手のことが影響したのは間違えないでしょう。今日はまだ仕方ないですが、明日は遠慮することなく頑張ってほしいと思います。





明日は西武がウルフ投手、ソフトバンクはミランダ投手です。おそらく明日が一番得点が期待できないと思います。ウルフ投手がどれだけ投げれるかも不透明なため、明日も厳しい戦いが予想されますが、あのヤフオクでの3連敗の借りを返すのは明日しかありません。明日勝てばいよいよマジックが点灯します。つまりは『優勝』の2文字が始めて現実味を帯びてくるわけです。明日の劣勢も跳ね返して欲しいと思います。





よければポチっとひと押しお願いします!

9/15(土)西武×ソフトバンク第19回戦 —台湾営業の奇跡 クリーンナップの大活躍で戦前の予想を覆す大金星—

11-5で大勝です。打線の大爆発で首位攻防初戦を制しました。



先発は郭俊鱗投手。初回です。1アウトから今宮選手にヒットを打たれますが、中村晃選手はストレートでセカンドフライ、柳田選手はカーブでタイミングを外してセカンドゴロに抑えました。チェンジアップで空振りが取れています。もしかしたらが期待出来る内容です。



3点の援護が入った2回。先頭のグラシアル選手にど真ん中のストレートを捉えられて、本塁打を打たれました。



この辺りが郭俊鱗投手のダメなところです。森選手のリードも論外です。弱点が外角低めへのスライダーであるグラシアル選手に対して、何でよりによってここでインコース勝負を挑んだのかが意味不明です。

さらに2アウトから上林選手に2塁打を打たれますが、甲斐選手はスライダーでライトフライに打ち取りました。



3,4回は三者凡退に抑えます。変化球でストライクカウントも空振りも取れています。ストレートを捨てて変化球主体でのリードを選択した森選手のナイス判断も光りました。ソフトバンク打線も低めの変化球をガンガン振ってくれています。



勝ち投手の権利のかかる5回です。先頭の松田選手に内野安打、上林選手にライト前ヒットを打たれて0アウト1,2塁のピンチとなります。甲斐選手の送りバントは森選手が素早く処理して3塁アウト、2アウト2,3塁で今宮選手を迎えます。



カウント2-2から勝負の5球目のスライダーが僅かに外れてしまい、この打席はボール覚悟の配球に行くべきでしたが、6球目に森選手はもう一度同じボールを投げてこいというようなリードをしてきました。当たり前ながら2球続けて同じようなボールを投げる力のない郭俊鱗投手は6球目が甘くなってしまい、ライト前タイムリーヒットを打たれてしまいました。

しかし、2塁走者は金子侑司選手の好返球でアウトにして、同点は許しませんでした。(それ以前に、あの前進守備体系と2塁走者の状況でなんで3塁コーチは回したのかが謎でした。)



点差が広がった6回も続投となりますが、中村晃選手に四球を与えて、ここで降板となりました。




5.0回98球、6被安打4奪三振1四球3自責点でした。ストレートはダメダメでしたが、チェンジアップを主体とした変化球で上手く惑わすことが出来ました。チェンジアップを苦手としているソフトバンク打線に効果的な球となっていたと思います。援護した直後や勝利投手の権利のかかった回での失点など根本的な問題は改善されていませんでしたが、それでもここまで力投するとは思ってもいなかったので、十分な投球でした。次回もチャンスが与えられると思いますので、次回が真価を問われる登板になると思います。




0アウト1塁から小川投手が登板します。左の柳田選手はレフトフライに抑えますが、グラシアル選手、代打川島選手に連打を浴びて3点目を許してしまいました。今日は勝負球が今ひとつ決まりませんでした。




尚も1アウト1,2塁で平井投手が登板します。松田選手はライトフライ、上林選手はライナーの打球を身を呈して止めて投手ゴロに抑えました。ボールはイマイチでしたが、気合いだけは十分でした。負傷していないかが不安です。




また点差の広がった7回は増田投手が登板します。ストレートを軸に三者凡退に抑えました。勝ちパターンは無理ですが、ビハインドならなんとかこなせる可能性はあります。少なからず、昨日の武隈投手よりは10倍まともな投球でした。




8回はマーティン投手。ヒットは打たれましたが柳田選手を併殺打に打ち取って、結果3人で終わらせました。今日はコントロールが大きく荒れることはありませんでした。




9回は野田投手。この点差なら相内投手で問題なかったと思います。この点差で気合いが入らなかったのかは分かりませんが、川島選手と上林選手にそれぞれソロ本塁打を打たれました。





やはり9回の2失点が嫌な予感がします。この2失点が明日のソフトバンク打線に火を点けるのではないか不安です。






打線です。今日は相手の守備ミス多発にも助けられて、11得点と爆発しました。




打線大爆発の要因は間違えなくクリーンナップでした。まずは3番浅村選手。



本塁打を打ったのは浅村選手の苦手なコースではある一方で、前の日本ハム戦で公文投手から打った満塁本塁打とほぼ同じコースです。勝負所での集中力はピカイチです。ベンチに戻ってからも珍しく感情を露わにしていたので、相当気合いが入っていたと思います。やはりこの人がキャプテンで良かったなと思います。



次に4番山川選手。千賀投手にトドメを刺す一撃、さらにアンダースローの高橋投手から一発で遂に40号に到達しました。流石に50本は厳しいと思いますが、45本は打てる気配があります。この9連戦で調子を持ってきてくれたのは大きな好材料です。



そして5番栗山選手。今日は千賀投手の出鼻を挫くタイムリーヒットを打ちました。満塁や勝負強さは健在です。相性の悪い千賀投手でも関係なかったです。しばらくは右左関係なく5番起用で大丈夫でしょう。



源田選手は振り逃げ含む4出塁で打線の繋ぎの役割を果たせています。チャンスでも左のモイネロ投手からタイムリーヒットを打つなど、好調をキープ出来ています。



秋山選手は1安打でしたが、相手の裏を突いた三盗はお見事でした。その後の暴投で得点出来たことを考えると、秋山選手のヒットは本塁打に近い価値だったと思います。



金子侑司選手は2安打1犠打、さらに守備でも好返球など攻守で大活躍でした。これが本当に続かないのが金子侑司選手なので、明日も頑張って欲しいと思います。



森選手は打撃では無安打でしたが、明日は相性の良い大竹投手が先発なので、打撃に期待したいと思います。守備ではバント処理は完璧でした。リードは最初のグラシアル選手へのリードは論外でしたが、あまりインコースを突けない郭俊鱗投手との相性は悪くないかなと思いました。途中から変化球主体に変えた判断も良かったと思います。



相性の良さを期待されたメヒア選手と中村選手は無安打でした。メヒア選手はやはり変化球に対応出来ていません。バットに当てれば凡打で見逃せずに空振りなど、相手も変化球攻めが増えてきました。最後の打席みたいな見逃した方が出来るようになれば改善の余地があります。

中村選手はミスショットが目立ちました。そろそろ疲れが出てきてもおかしくないです。これまで好調を理由に無茶な起用をしたツケがここに来て回ってきたかもしれません。今日なら4打席目に出塁した時点で、代走を出して休ませるぐらいはして欲しかったです。





あとこれは試合には直接関係ありませんが、今日松井稼頭央選手が登録抹消されました。どういった経緯でこの判断に至ったのかは分かりませんが、少なからずフロント特権を廃止しての決断を出せたことは評価します。昨日もベンチで菊池雄星投手と会話していたところを見ると、西口さんみたいな過ちは起きないと思います。来年からは指導者として後進の育成に努めて欲しいと思います。





明日は西武が今井投手、ソフトバンクは大竹投手です。明日勝てばリーグ優勝へ大きく前進することになります。この3連戦で一番期待値の高い今井投手に期待したいと思います。





よければポチっとひと押しお願いします!