ライオンズファンの野球観戦日記

主に西武ライオンズの試合の感想を中心に書いていきます!宜しくお願いします!

7/19(金)ソフトバンク戦第15回戦—ゴミカスwwww 武内様の足を引っ張るアマチュア野手共のせいで完封負け—



0-4で敗戦です。プロとアマチュアの差が如実にでました。ホーム前半戦最後は3連敗してブーイングされて終わる末路が見えてきました。




【投手陣】

△武内投手 7回7被安打8奪三振1与四球4失点

三者連続三振の最高のスタートから2回、1アウトから近藤選手に四球、正木選手にレフト前ヒットで1,2塁、ここは牧原選手が初球セーフティバント打ち上げてファーストフライ、甲斐選手を空振り三振で無失点ですがいつもの武内投手ではない予感がしました。


直前の草走塁で無得点からの4回、栗原選手にエンタイトル二塁打から何とか2アウトまでいきますが、正木選手追い込んだから4球目ストレートがボール判定、5球目の真ん中チェンジアップを打たれてセンター前へのタイムリーヒットで失点、さらに送球がゴタゴタすぎて二塁進塁も許して牧原選手にもタイムリーで2失点、村山と弱肩送球が足引っ張りまくって余計な失点を増やしました。


5回から立て直しますが7回、正木選手に先頭打者ヒットから送りバントで1アウト2塁、甲斐選手にツーシーム打たれてタイムリーヒットで完全に終戦、さらに2アウト1塁から暴投とボークで3塁に進まれて今宮選手にタイムリー打たれてこれで武内投手は初めてのマイナス評価が決まりました。


悪くないですが前回から勝負ところでの甘い球が増えてきています。これまで炭谷選手とのバッテリーで上手く揺さぶってきましたが、もう捕手の配球関係なく失投を打たれて失点のパターンになりました。ここまで頑張ってきた武内投手ですが、ここから疲れや対策などもあって後半戦どう乗り切るかが注目になります。


ネタバレのクソもないですが、今日負けても前半戦予想以上活躍1位は武内投手で決定です。前半戦はドラ1ルーキー以上の実力を披露して、最下位チームの数少ない希望になってくれました。オールスター選ばれてないのは休養出来るとプラスに捉えて、是非後半戦含めて年間通して1位になってもらいましょう。



・本田投手 1回2奪三振1与四球無失点

2アウトから近藤選手に四球でそこから代走緒方選手に盗塁と暴投で3塁まで行かれますが、川村選手を空振り三振に抑えました。



◯ヤン投手 1回2奪三振無失点

今日は良かった日で2奪三振でした。しかし9回4点ビハインドなら水上投手試しても良かったのではないでしょうか。




【野手陣】

効率よく得点したソフトバンク打線と対照的に、ランナー出てからの進塁打が全く出来ないのが最大の敗因です。ランナー出てセットポジションの威力が落ちるスチュワート投手に対して、何も考えずにストレート打ち上げるだけなのが本当にプロじゃないです。加えて守備走塁も酷いったらありゃしない、前半戦最後3連敗してファンからブーイングされて終わってしまうのでしょうか。




・源田選手 4打数1安打

センターへの二塁打は高木選手の走塁がクソすぎてタイムリーにはなりませんでした。そこから2アウト満塁で打席が回りますが案の定のセカンドゴロ、頑なに打点だけは拒否るのは今日も変わらずでした。


5回の場面ですが、3球目のコースは武内投手はボール判定に対してスチュワート投手はストライク判定、明らかに鷹贔屓しやがっておかしいだろと村山にキレました。当然他に敗因は山ほどありますが、露骨に鷹贔屓した球審の村山には怒りが込み上げるしかなかったですね。



△奥村選手 3打数無安打

呆気なくノーヒット、スチュワート投手の速球はまだ難しいと思います。あと2番も考えた方がいいかもしれません。



✖︎西川選手 4打数無安打

やはり速球は対応できず3三振でした。



・山村選手 3打数無安打1死球

強い打球は栗原選手のエラー判定でノーヒットでした。



・野村大樹選手 4打数1安打1盗塁

ストレートを打ってライト前ヒットから盗塁、野村大樹選手はこの3連戦ソフトバンクを見返す活躍をして欲しいです。



△岸潤一郎 3打数無安打1四球1盗塁死

四球で出塁しますが盗塁失敗、ランナー1塁の場面もど真ん中ストレート打ち上げてセンターフライで何もできませんでした。



✖︎高木選手 2打数無安打1死球

死球で出塁、源田選手の二塁打でホーム生還狙いますが三塁回るところで謎の減速を発動したせいで中継プレーの送球が逸れたのにタッチアウトになりました。回り始めたところで足もたれた感じですかね。しかし今年崖っぷちの選手がこんな草走塁技術している時点で早々に引退試合で2軍落ちしてもらって構わないです。


三塁コーチに関しては判断ミスではありますが、おそらく黒田コーチでも回していたと思うのでここはもう良いです(それよりも未だに配置転換せずにポンコツを1軍に野放しにしているフロントに怒りしかないです)。あとタイミング的にだいぶ微妙でリクエスト使えば覆る可能性ありましたがリクエストすらせず、渡辺久信も高木選手もちゃんと試合に勝つ気あるのかと疑問しかないですね。



・外崎選手 3打数1安打1盗塁

守備の好プレー、チャンスでヒットを打ちました。しかし3回0アウト1塁で強行させたのに進塁打すら打てなかったのは後の無得点に響きました。



△炭谷選手 1打数無安打1四球

肩ですね。盗塁だけじゃなくてタイムリーの送球間の進塁も許しまくっています。総合能力は間違いなく炭谷選手ですね。今年肩の衰えが顕著すぎてそこが悩ましいです。




・滝澤選手 1打数無安打

代打出場しますが2球でレフトフライでした。



・蛭間選手 1打数無安打

代打出場しますが3球三振でした。





よければポチっとひと押しお願いします!

7/17(水)オリックス戦第15回戦—みみみ宮城から5得点wwwww 月1の天変地異が起きて青山プロ初完封初勝利—



6-0で勝利です。途中までノーノーされて青山投手見殺しにするかと思ったら、まさかの大どんでん返しで最終的に真逆の結末になりました。




【投手陣】

☆青山投手 9回3被安打3奪三振1与四球無失点

大里選手に先頭打者ヒット、1アウトから太田選手と森選手は甘いストレートを打たれますがどちらもあとひと押し足りないセンターフライ止まり、まずここで長打にならず失点しなかったことが青山投手の良かったところです。2回は紅林選手とトーマス選手をストレートで空振り三振、3回は源田選手の好プレーもあり三者凡退、不思議とストレートで抑え込む投球で宮城投手にくらいつく投球を見せていきます。


4回1アウトから太田選手に四球、ここで森選手がフルカウントからカーブを強引に手を出してセカンドフライ、紅林選手をストレートでサードゴロ、5回三者凡退で6回、先頭の元選手にレフト前ヒットから送りバントで1アウト2塁、宗選手の打ち上げた打球は昨日の延長10回の福田選手同様のレフト線に落ちそうな打球でしたが奥村選手が追いついてレフトフライ、太田選手はボール先行からストレートを打ちますがこれも伸びずにライトフライ、このピンチを無失点に抑えたことで直後に一挙5得点の流れを作りました。


点差がついて7回2アウト1塁からトーマス選手はインコースストレート打ちますが上げただけのライトフライ、8回大里選手をSFFで空振り三振で三者凡退で9回続投、ストレート2球で2アウトから最後は森選手をカーブでライトフライに抑えて見事プロ初勝利はなんとプロ初完封勝利になりました。


正直完封は出来過ぎでしたね。失点の場面はいくつかありましたが、不思議なことにそこが全部アウトになるので野球の神様が青山投手に微笑んでくれたのかなと思ってしまいますね。特にストレートが145km以下でずば抜けた球威やキレがあった感じもなかったですが、オリックス打線は捉えそうで捉えられなかったですね。その中で青山投手も開き直ったゾーン勝負を展開して1四球に抑えたのは良かったと思います。菅井投手と渡邉投手に続いて、青山投手もこの3連戦で好投して勝てたことは今後の明るい材料に繋がったことでしょう。






【野手陣】

1ヶ月前も森下投手から一挙5得点がありましたが、月1イベントでエース格から大量得点の天変地異イベントでもあるんですかね笑。宮城投手から5回までノーヒットで普通に負ける展開でしたが6回、ライオンズ打線がスライダーに対して急にタイミング取れるようになったのが大きかったです。森選手も低め変化球癖があったので修正するまでに時間がかかり、気づいた時には岸選手にタイムリーを打たれて時すでに遅しでした。こういった集中打が月1しかないので、これを増やせるかどうかになると思います。





◯源田選手 4打数1安打

守備で好プレーからスライダーを運んでライトへの二塁打、今日は源田選手のヒットがしっかり先制点に繋がりました。



◯奥村選手 4打数1安打1打点

栗山選手がコロナ感染という緊急事態に急遽昇格、結果としてタイムリーヒットとレフト守備の好プレーでお立ち台に上がりました。奥村選手は時期尚早の支配下昇格でしたが、2軍降格してからは1軍経験が大きくプラスに働いたのか、好成績を残しての緊急昇格でした。まだまだ荒削りなところは目立ちますが、ひとまず右打ち外野手が枯渇している中で奥村選手もチャンスが訪れていると思います。



◯西川選手 4打数1安打1打点

スライダーを打って前進守備の横を抜けるタイムリーヒットでした。



◎山村選手 2打数1安打1本塁打2打点1四球1犠飛

山村選手も4番で打てたのは大きいです。最低限の犠牲フライに8回はフォークを捉えてソロホームラン、昨日も惜しい弾道がありましたが今日はしっかり切れずに運ぶ事ができたのは良かったと思います。



◯野村大樹選手 3打数1安打1打点1四球

昨日空振りした逆球ストレートですが今日は捉えて福田選手が捕れずにタイムリー三塁打になりました。



◯岸潤一郎 4打数1安打1打点

スライダーを打ってセンターへのタイムリーヒット、首の皮一枚繋ぎましたがもう優先起用する立場ではないので、結果を出し続ける以外ないです。



△外崎選手 3打数無安打

スライダー打てずに2三振、守備考えると外しにくいですがこのまま不調な選手を無理やり使い続けるのもあまりしたくないです。



△鈴木将平選手 3打数無安打

これはふざけてますね。勝てば許される問題ではないです。唯一の指名打者枠の栗山選手が抹消でも渡部選手昇格させないのは一体何か問題でもあるのでしょうか?この緊急事態で渡部選手昇格させないのは何かあるとしか思えないですし、次からも指名打者枠でふざけるのだけは許されないです。



◯古賀選手 3打数1安打

古賀選手のヒットから大量得点の流れが出来ました。開き直ったストレート中心の配球も結果としては完封勝利につながりました。





よければポチっとひと押しお願いします!

7/16(火)オリックス戦第14回戦—延長10回2アウト2塁で前進しない赤田wwww いつも通りのアマチュア野球で延長戦負け—



1-2で敗戦です。最後の定位置守備シフトで失点して負けるのは笑いましたよ。今のところ9連敗だけは阻止する形で100敗を目指すことになりそうです。





【投手陣】

◎渡邉投手 7回4被安打9奪三振3与四死球1失点

初回福田選手にヒットですがストレートで3奪三振スタート、ストレートはコースが甘くても球威は十分です。2回もストレートとカットボールでゴリ押し投球、3回まで福田選手のヒット一本のみで抑えていきます。しっかり満塁のチャンスを潰した4回、2アウトから紅林選手に四球でちょっと嫌な展開、西川龍馬選手の打球は外崎選手のダイビングキャッチでセカンドゴロ、嫌な流れは外崎選手の好プレーで断ち切ります。


5回、先頭の宗選手にカットボール打たれてライト前ヒット、杉本選手は血迷った空振り三振、若月選手と大里選手はストレートは連続三振、0アウト1塁を三者連続三振でドクターK投球で昨日の菅井投手同様に我慢比べを耐えることになります。


先制した6回、1アウトから太田選手にセンター前ヒット、森選手はカーブで空振り三振、紅林選手は11球粘られて12球目根負けして四球で2アウト1,2塁、西川龍馬選手にSFFを打たれてタイムリー二塁打で失点、尚も2,3塁で宗選手の打球はファースト横でしたが野村大樹選手が捕って3-1のファーストゴロ、何とか同点で踏みとどまります。


どう考えても今日は6回で十分ですが渡辺久信は脳死判断で7回続投、杉本選手がど真ん中全部打ち損じてセカンドフライ、若月選手は3ボールからど真ん中3球続けてショートゴロ、大里選手はレフトフライで三者凡退で渡辺久信の無茶振りにも結果で応えてHQS投球でした。


今日も開き直ってゾーン内に直球を投げてオリックス打線を抑えていきました。変化球も炭谷選手は要所で縦変化も使って良い感じに緩急になったと思います。展開としては3回のチャンスで無得点から徐々に崩れる予感でした。そこを外崎選手の好プレーや杉本選手の血迷った空振り三振などで流れを渡しませんでしたが、6回紅林選手に粘り負けで流石に無失点は難しかったです。結果論ですが西川龍馬選手に対してはストレートで良かったかなと思います(もちろんそれ以外の配球は炭谷選手が光っていたと思います)。渡邉投手も安定感が増しましたが相変わらず1失点したら勝てない現状で1勝止まりなのが気の毒です。




◯ボー投手 1回1被安打1奪三振無失点

2アウトまで行きますが森選手に初球スライダーが甘く入って蛭間選手のドタドタ守備からのダイビングキャッチ失敗で二塁打、紅林選手は初球どん詰まりのキャッチャーゴロで無失点、セットアッパーで2試合連続無失点は良かったので、あとはソフトバンク戦で古賀選手と組んで同じ投球が出来るかどうかです。



◯アブレイユ投手 1回無失点

宗選手にあわやのファウルを打たれますがライトフライで問題なく三者凡退でした。



△松本航投手 1回1被安打1与四球1失点

2アウトから福田選手の打球はレフト線へのポテン二塁打、太田選手はアウトローボール判定されてからカットボールを打たれて、前進守備してないレフト前へのタイムリーヒットで失点、前進してればライナーなのにつくづく赤田の守備シフト判断の無能ぶりも明るみになる失点でした。


セットアッパーで使わない判断が正しいのは分かりました。なのでリリーフで使う必要性はないです。150km出るかどうかのストレートでは先発とほぼ変わらないです。本当にセットアッパーが欲しくて無理やりリリーフにして現在セットアッパーをボー投手に譲ってもそのままリリーフ待機で渡辺久信も何がしたいのか意味不明です。






【野手陣】

田嶋投手はベルーナドームとの相性は悪いですが、それは過去の話で今なら誰が投げても変わらないです。結局3回のチャンスで点が取れないのが全てでした。今日は大きなミスよりも運の無さや単純な実力不足なのでこれ以上語ることのない敗戦です。





◎源田選手 4打数2安打1打点1犠飛

1アウト3塁で初球厳しいインコースの球に手を出して危うくファウルフライ、完全に終わったかと思いましたが追い込まれてから外スライダーをセンター返しの犠牲フライで先制点、さらに逆方向へのヒットでマルチ安打ですが今日も源田選手のヒットは1点にも繋がりませんでした。



✖︎鈴木将平選手 3打数無安打1犠打

1アウト1,2塁、鈴木将平選手にとってこのピンチは簡単に追い込まれてから粘りますがフルカウントからボール球スライダー空振り三振、チャンスの場面で全く進歩しない凡退内容で渡辺久信が毛嫌いする理由が今日の内容になっています。



・西川選手 4打数1安打

3回のチャンスはレフト前ヒットですが炭谷選手では戻るのは無理でした。粘れてはいますが結局ボール球に手を出しているので出塁にはならないです。これが紅林選手との差になっています。



△山村選手 4打数1安打

2度のチャンスで打てず、3回は満塁のチャンスで逆球スライダーに反応出来ず、8回はボール先行からインコース狙っていましたが捉えられず、4番が重荷になってなかなかチャンスで打てません。



・野村大樹選手 3打数無安打1四球

1四球選びましたが、ど真ん中空振りで打てませんでした。ファースト守備は身長が足りませんが、逆シングルの打球は逸らさず逆転は阻止しました。



✖︎栗山選手 4打数無安打

ニゴロスキーで終わりました。



✖︎蛭間選手 4打数無安打

4打席でなんと8球4アウト、2回のチャンスは初球狙い打ちはまだ分かりますが、他の打席で生産性のない早打ち凡退の数々は酷いです。守備もこの2試合だけで壊滅しています。今日の内容は非常に厳しかったです。



◯外崎選手 4打数1安打

本調子なら左中間の二塁打に右中間の二塁打も本来なら三塁打だと思います。やはり差し込まれて走塁も万全ではない中で最低限はしてくれたと思います。



◯炭谷選手 2打数1安打1犠打

相性の良い田嶋投手からヒットと危なかったですが送りバントも決めました。守備も昨日今日で頑張ってくれたと思います。




△高木選手 1打数無安打

代打出場しますが2球で終了、ラストチャンスを与えられていますが今日の内容見たら早々に引退試合になるかもしれません。





よければポチっとひと押しお願いします!