ライオンズファンの野球観戦日記

主に西武ライオンズの試合の感想を中心に書いていきます!宜しくお願いします!

8/19(日)西武×日本ハム第17回戦 —キャプテンの逆転満塁弾 首位攻防戦を勝ち越し今季最大のゲーム差に広げる—

7-4で2試合連続の逆転勝ちです。厳しいと予想された首位攻防3連戦で勝ち越すことが出来ました。



先発はウルフ投手。1アウトから西川選手にチェンジアップをライト前ヒットにされます。2アウト2塁となり中田選手を迎えます。初球のツーシームをセンター前に運ばれて失点します。中田選手もインコースにはこないと踏んで打ったように見えました。さらにレアード選手も今日精度の低いカーブを3球連続で要求して、危ない打球でしたがレフトフライに抑えました。この回は岡田選手のリードも酷かったです。


同点に追いついた2回は0に抑えます。この回からは使えないチェンジアップとカーブを控えてほぼツーシームのリードになりました。幸いにも速球の球速はまずまず出ています。


4回です。1アウトからレアード選手に四球、田中賢介選手にヒットで1,2塁のピンチを迎えます。鶴岡選手はツーシームで空振り三振に抑えて2アウトとします。ここで渡邊選手を迎えます。



カウント1-0からなぜか今日精度の低いカーブを2球要求します。これで3-0とカウントを悪くしてしまいます。フルカウントまで持ち込みましたが、最後は真ん中に入ったツーシームをセンター前に運ばれて失点しました。これは岡田選手のリードが悪かったです。確かにストレート系に強い渡邊選手で前の打席にツーシームを打たれてはいましたが、だったらカットボールやストレートでもいいのでカウントを取りにいかなければいけない場面でした。精度の低いカーブで3-0にした場面で、この打席は負けたも同然でした。


再び追いついた5回はヒットを打たれながらも三者凡退に抑えます。この回もほぼツーシームで抑えました。


6回です。そろそろスタミナの不安が出てくる場面です。先頭の中田選手にヒットを打たれ、1アウトから田中賢介選手は内野安打で1,2塁のピンチとなります。速球の球威も怪しくなってきました。ここで鶴岡選手を迎えます。



3球目以外は外一辺のリードです。鶴岡選手もインコースはこないと踏んで、6球目のツーシームをライト前に運ばれて逆転を許しました。これで完全に集中力が切れて、渡邊選手にもツーシームを打たれて4点目を取られます。ここで降板しました。



5.1回112球、10被安打5奪三振1四球4自責点でした。今日は変化球の精度が低いせいで、速球主体で攻めるしかない状態でした。何度か膝を気にしている仕草もあって、そもそも万全な状態だったのかが疑問でした。来週のソフトバンク戦をどうするのかが気がかりです。



1アウト1,2塁のピンチで武隈投手が登板します。ストレート主体で攻めていき、中島選手と浅間選手を連続三振で抑えました。


7回も続投です。ところが西川選手には四球、近藤選手にヒットを打たれて降板しました。やっぱり信用出来ない状態です。そろそろ小川投手を試してもいいと思います。この状態で1軍にいられても困ります。


0アウト1,2塁のピンチでまた平井投手が登板します。土肥コーチの反省のなさには怒りを越して呆れかえってしまいます。中田選手は3球三振で1アウト。スライダーがすっぽ抜けたのが逆に良かったです。レアード選手はフルカウントから四球で満塁とします。田中賢介選手はフルカウントから変化球を捉えられましたが、ファーストライナーで併殺打となり、奇跡的にこの回を0に抑えました。ボールのキレが全くない状態でした。いよいよヤバイかもしれないです。


逆転して3点リードとなった8回です。ここでマーティン投手が登板します。ところが今日はノーコンぶりが露呈されました。鶴岡選手は四球、渡邊選手は変化球で空振り三振に抑えますが、中島選手と浅間選手には連続四球で満塁のピンチとなります。ここで西川選手は変化球でタイミングを狂わせて最後はストレートで3球三振、近藤選手はチェンジアップでファーストゴロに打ち取りました。今日はマーティン劇場で心臓に悪かったですが、辛うじてコントロール出来ていた変化球を炭谷選手が上手くリードしてくれて、何とか0に抑えました。


9回はヒース投手。昨日と同じで中田選手から始まります。四球は出しましたが、最後は鶴岡選手をスライダーで空振り三振に抑えて試合を締めくくりました。昨日よりは球威が落ちていました。ヒース投手にも疲れが出ているかもしれません。



勝ちはしたから良かったものの、またビハインドで平井投手を起用していました。今日の平井投手も復帰後はワーストと言えるほどボールにキレがなかったです。これも便利屋起用し続けた首脳陣の責任です。次のロッテ3連戦は全部休ませるぐらいのことはしていいと思います。





打線です。相手先発のマルティネス投手もウルフ投手同様にマウンドと相性が悪かったのかは分かりませんが、投げる時にフォームを崩したり膝を気にしたりと集中している様子はなかったです。球数を費やした終盤にチャンスは来るはずだと予想出来ました。


今日のヒーローは間違えなく浅村選手です。初回はマルティネス投手のカーブをすくい上げて本塁打、7回は公文投手のストレートを読んで逆転満塁弾と2本塁打5打点と大活躍でした。昨日活躍出来なかった分を今日しっかり活躍してくれて良かったです。


金子侑司選手も7回は1点差に詰め寄るタイムリーヒットを打ちました。辻監督も途中でバントからヒッティングに切り替えたと話していましたが、その判断は正しかったです。そもそも金子侑司選手はバントが苦手なので、3回の場面も送りバントよりも打たせて進塁打の方が良かったと思います。


外崎選手もマルティネス投手から本塁打を打ちました。にしても外国人投手からよく打ちますね笑。このまま外国人投手キラーになってほしいですね。


秋山選手は1安打2四球と最低限の仕事はしましたが、まだ強振癖は直っていないです。もう少し様子は注意深く見たいですね。


中村選手は相変わらずチャンスメイクとしては大活躍です。栗山選手も代打出場から四球で繋げました。中村選手は疲労には気をつけてほしいです。栗山選手も代打だけでなく、指名打者起用も考えてほしいです。


今日は捕手として出場した2人は明暗が分かれました。岡田選手は打撃では2塁打を打ちましたが、その後の走塁ミスでチャラとなりました。リードもよく分からない場面でカーブを投げさせたり外一辺のリードになったりとウルフ投手を上手くリード出来なかったです。前回のウルフ投手の投球を見ていないので何とも言えませんが、単純に前回はウルフ投手が絶好調だっただけかもしれません。

その一方で、炭谷選手のリードは非常に良かったです。特にストレートが全くコントロール出来ていなかったマーティン投手には変化球を主体にして渡邊選手と西川選手を空振り三振に抑えたのは、間違えなく炭谷選手のリードがあったからです。まだまだ炭谷選手を上回る捕手は出てこないと改めて思いました。



源田選手、山川選手、森選手は無安打でした。源田選手はアウトになっても粘っていたのでそこは評価します。満塁の場面では少し硬くなりすぎていましたね。最初にボール球を振ってしまってからより慎重になってしまって、カットしてほしかったボールを見逃してしまいました。山川選手、森選手は今日はデカイ当たりを狙いすぎていました。また次からは打ってほしいと思います。





初戦を落とした時点で厳しいかと思われましたが、結果的に勝ち越すことが出来ました。これで日本ハムもほぼ終戦になりかけましたが、次の3連戦次第ではソフトバンクが新たな首位攻防争いの候補となってくる可能性があります。来週のソフトバンク3連戦も注意したいと思います。





よければポチっとひと押しお願いします!

8/18(土)西武×日本ハム第16回戦 —だらしない投手陣を救った獅子打線 3タテを回避した大きな1勝—

7-6で逆転勝ちです。非常に痺れる1勝でした。



先発は約1ヶ月ぶりの登板となる十亀投手。初回です。先頭の浅間選手に真ん中に入ったカーブをライトに運ばれて2塁のピンチとなります。ここは西川選手はセカンドゴロで1アウト3塁としますが、近藤選手はシンカー系のボールで空振り三振、中田選手は初球のスライダーを打ち損じてもらい投手ゴロに抑えました。初回から変化球主体のリードになっています。


援護点が入った2回。1アウトから田中賢介選手にカーブをヒットにされますが、渡邊選手は外のスライダーを打たせてセカンド併殺打に打ち取りました。ここは岡田選手のリードが上手かったです。

さらに2点の援護が入った3回。先頭の清水選手、中島選手に連続四球を与えます。何をしているのやら、、、浅間選手はバントの構えからヒッティングに切り替えてきますが、源田選手の冷静な判断で3塁アウトにします。しかし西川選手に真ん中のシュートをライト線に運ばれて失点、近藤選手にカーブ系のボールを投手強襲のヒットで失点、中田選手には犠牲フライを打たれて同点にされました。点の取られ方が低レベルでガッカリです。


4回からはストレートを主体にして三者凡退に抑えます。


5回です。中島選手には追い込んでから粘られて7球目にスライダー、浅間選手はストレートを打たれて0アウト2,3塁のピンチとなります。西川選手にはシンカーが絶妙なコースに決まって見逃し三振に抑えますが、近藤選手はセカンドゴロを打ちますが、その間に3塁走者が生還して同点に追いつかれます。中田選手は四球で歩かせて尚も2アウト1,3塁のピンチでしたが、レアード選手は初球のカーブを打ち損じてもらいショートフライに抑えました。この回で降板しました。



5回83球、6被安打2奪三振3四球4自責点でした。ストレートのスピードが足りず、全体的に変化球主体にせざるを得ない投球になっていました。それにしても、3回の投球はいくら何でも酷すぎです。8,9番の下位打線に四球を出して上位打線に返される、こんなのプロ7年目の投手のする投球じゃないです。来週のソフトバンク戦は回避したほうが良さそうです。



同点の6回からは相内投手が登板します。ところが先頭の田中賢介選手にはストライクが入らずに四球、送りバントから清水選手にもストライクが入らずに暴投で3塁に進まれて結局犠牲フライで逆転を許します。さらに中島選手にも四球を与えてここで降板します。メンタルが弱いのはありますが、そもそもブルペンでちゃんと投げれていたのでしょうか?西口さんはブルペンで何を見ていたのか非常に気になります。


2アウト1塁から齋藤投手が登板します。浅間選手にスライダーを打たれて2,3塁のピンチとなります。さらに西川選手に死球で満塁として、近藤選手の場面で暴投で失点します。近藤選手にもストレートを捉えられましたがサードライナーに抑えました。1アウトとるのに苦労しすぎです。メンタルが弱いにしても、オリックス戦で1度はこういう場面を経験しているはずですから、あまりにもメンタルが弱すぎです。今後この2人を僅差の場面で使えなくなると、ますます野田投手と平井投手に負担が増えてしまいます。


2点ビハインドの7回は平井投手が登板します。2点ビハインドで使わないでほしいですがね。先頭の中田選手に2塁打、レアード選手には2日連続で死球を当ててしまいちょっと不穏な空気になりますが、田中賢介選手の送りバントは山川選手の素早い判断で3塁を刺します。渡邊選手はショート併殺打に打ち取り0に抑えました。今日はボールのキレが今ひとつだったのと、炭谷選手もスライダーよりもストレートを軸にしていたせいで余計に変な投球になっていたと思います。


8回は野田投手。野田投手もビハインドでは使いたくないのですがね。清水選手に四球、浅間選手には死球、西川選手は内野安打で1アウト満塁となりますが、近藤選手はセカンド併殺打でリクエスト検証もアウトになって0に抑えました。齋藤投手と相内投手とは違い、平井投手と野田投手は簡単に失点しないところは評価出来ます。


逆転した9回はヒース投手。1点リードで4番からの打順でしたが、2三振含む3者凡退に抑えました。今日投げた中ではダントツで良かったです。



勝てたから良かったものの、また平井投手と野田投手がビハインドで起用されました。しかも今日の平井投手はボールのキレが今ひとつでした。そろそろ酷使の影響が出てきてもおかしくないです。今日の場面なら失点覚悟で武隈投手か伊藤投手は使って欲しかったです。それから四死球も多すぎです。ヒット自体は9本に抑えているのですから、四死球を減らせたらもっと失点は防げたはずです。特に下位打線に四球を与えた十亀投手やメンタル面が弱すぎる相内投手や齋藤投手が全体的に足を引っ張りました。この部分は反省してほしいです。




打線です。昨日よりはマシになりましたが、まだまだ反省点は多いです。しかし、今日は不甲斐ない投手陣を助けてくれたのは間違えなく打線です。これは評価出来ます。

相手先発の上沢投手は調子は悪く、ストライクとボールがかなりはっきりしていました。橋上さんがどんな指示を出していたかは知りませんが、このはっきりしていたストライクとボールを冷静に見極めていけた選手とそうでない選手で明暗が分かれました。


上沢投手と1番合っていたのは中村選手でした。今日も第1打席では初球の浮いたカーブを見逃さずに2点本塁打を打ちました。その後は併殺打がありながらもヒットに四球とチャンス拡大に貢献してくれました。本塁打を打たなくてもチャンスメイクしてくれるのは好印象です。守備もまぐれではありましたが、近藤選手の鋭い打球をしっかりグラブの中に収めてくれました。


そして決勝打を打った金子侑司選手。第3打席まではただ闇雲に振っていたので厳しいかなと思っていましたが、トンキン投手のスライダーを空振りせずにレフトに運んだ打撃はお見事でした。最後の3塁でのガッツポーズはカッコ良かったです笑。


森選手と源田選手は共に3出塁と打線として機能を果たしていました。森選手は打撃でも良かったですが、最終回のリードも良かったです。先頭の中田選手はストレートで押したいった一方で、ストレートを意識していたレアード選手は変化球でタイミングを外すリードはお見事でした。やっぱりパワー投手には森選手が1番相性が良いと思います。源田選手も2年連続の30盗塁達成に守備でも冷静な判断と打撃以外でも活躍していました。


外崎選手も相性が悪いながらもボールを見極めたりカットしたりと粘りを見せていたのは評価出来ます。山川選手も毎試合本塁打は無理でもチャンスで1本打ってくれればそれで問題はないです。


秋山選手は本塁打は打ちましたが、基本は強振が目立ちます。アウトも打者有利のカウントから打ちにいきの凡打や引っ張ったゴロなど、内容は改善されていません。打撃フォームも崩れている可能性が高いので、いっそボールを打っての練習ではなく、打撃フォームの見直しだけに重点を置いた練習をしたほうが良いと思います。


浅村選手もボールを見極めようとせずに無安打でした。もう少し冷静になってほしかったなと思います。今日は無茶な守備はなくて良かったです。


岡田選手も打てないボールを無理やり打とうとしているので、あれでは率がすぐに落ちます。リードも微妙な印象が残りました。変化球主体のリード自体否定はしませんが、もう少しカーブやストレートを交えた緩急のあるリードをしてほしかったと思います。序盤はスライダーやシュートに頼りすぎて、中盤はストレートに頼りすぎてみたいな極端なリードになってしまった気がします。アイデア自体は間違えではないと思います。


今日は代打起用も良かったと思います。6回の1アウト1,2塁で岡田選手の場面でメヒア選手の起用、結果は出ませんでしたが、あのまま岡田選手が打席に立っても打てる可能性は低く、栗山選手も上沢投手と相性が悪かったのでメヒア選手の判断は良かったです。あれは甘いボールを打ち損じたメヒア選手の問題です。

そして8回の1アウト満塁で炭谷選手の場面で栗山選手の起用、レアード選手の判断ミスもありましたが、鋭い打球を打てていましたし、あれが空振り三振だったら金子侑司選手の逆転打は出なかったところでした。正直ベンチに置いとくのは勿体ない選手ですが、勝負所に栗山選手がいることは非常に心強いとです。首脳陣には栗山選手のスタメン起用もしっかり考えてほしいと思います。




昨日の敗戦から投手陣は失速しましたが、野手陣は下を向かずに頑張ってくれました。明日は西武がウルフ投手で、日本ハムはマルティネス投手です。明日も勝率は低そうですが、1つ勝てたことで良い意味でリラックスして戦ってほしいと思います。




よければポチっとひと押しお願いします!

8/17(金)西武×日本ハム第15回戦 —菊池雄星エース失格の烙印 不穏な空気が流れる敗戦—

5-3で敗戦です。痛い敗戦となってしまいました。



先発は菊池雄星投手。初回です。西川選手は3球三振に抑えますが、相性の悪い松本選手にフェンス直撃の2塁打を打たれます。さらに近藤選手は四球で1アウト1,2塁のピンチを迎えます。中田選手はストレートで高いバウンドのショートゴロ、レアード選手は外角低めに決めて3球三振に抑えました。今日はストレートが150km以上出ています。


2回です。1アウトから打率1割台の渡邊選手にスライダーを本塁打にされて失点します。さらに2アウトから中島選手に投手への内野安打と菊池雄星投手の送球エラーで2塁のピンチとなります。菊池雄星投手も中途半端にファーストな投げるから送球エラーになってしまいます。ここで西川選手に高めに浮いたストレートをレフトフェンス直撃の2塁打にされてこの回2失点です。この回は打力のない選手に本塁打を打たれたり送球エラーからの失点など、菊池雄星投手が時折やらかす凡ミスが出た回でした。


4回です。先頭の鶴岡選手に初球を打たれて2塁のピンチとなりますが、前の打席打たれた渡邊選手にはスライダー、清水選手にはチェンジアップで空振り三振、中島選手はスライダーでセカンドゴロに打ち取りました。この回は変化球主体の投球でした。


その後6回まで0に抑えます。中盤は変化球主体に切り替えて相手打線を抑えていきました。


勝ち越した直後の7回です。先頭の中島選手にショートへの内野安打で出塁を許し、盗塁も決められて2塁のピンチとなります。2アウトまでいき、近藤選手を迎えます。



ここで抑えれば一気に勝ちが近づく場面、菊池雄星投手も気合が入ります。ボール先行ながらもストレートで押していき、フルカウントまで持ち込みます。勝負の6球目でしたが、なぜかカーブを投げて外崎選手が飛びつくも間に合わずに同点に追いつかれます。この配球は疑問です。ここはストレートで押すかチェンジアップかスライダーで四球覚悟の空振り三振狙いでいかないといけません。炭谷選手は裏をかいてのカーブを要求したのかもしれませんが、今日そんなに良いわけでないカーブをここで要求するのは間違えだと思います。

ここで打たれた菊池雄星投手は完全にガス欠になります。中田選手とレアード選手には決まらなかったチェンジアップを打たれて逆転を許します。この回で降板しました。



7回127球、11被安打8奪三振1四球3自責点4失点でした。今日はチェンジアップが良かったですが、本人の悪い癖や凡ミスや炭谷選手の配球ミスなど不運な部分もあったと思います。ただ、ストレートやスライダーで抑えきれずに、しかも打たれてから気落ちしているのは大きなマイナス点です。守備もドラ1ルーキーの齋藤投手のほうがよっぽどしっかりしています。そもそもの基本が出来ていませんでした。


今日の投球を見て、私は菊池雄星投手をエースとは認識しないことにしました。今季の西武ライオンズのエースは多和田投手です。打たれてはいけない選手への本塁打に中途半端な送球エラー、しかも同点に追いつかれてから粘ることすら出来ずに逆転を許す、これのどこがエースと言えるのでしょうか。菊池雄星投手には今季始まってからずっと期待していましたが、改善の気配は全くないです。多和田投手はソフトバンク戦の背信投球から立ち直り、今では圧巻の投球を披露しています。菊池雄星投手も前の日本ハムの投球から立ち直らなければいけないはずでしたが、一向に迷走しています。いつまで経っても中途半端な投球から脱却出来ません。

今季はメジャーやら優勝やら大変な年であるのは分かります。しかし、それが原因でダメになるのであったら、そもそもメジャーに行くなという話になります。本当にメジャーがかかってダメになっているのなら、メジャーに行ったところで結果は見えています。プレッシャーに弱すぎです。私はメジャーに行くのは反対しませんし、大舞台に挑戦する以上は応援します。ただ、今日みたいな投球しか出来ない投手が本当にメジャーで通用するのか、本人はメジャーに対してどれだけの覚悟があるのか、私にはそれが非常に疑問に思います。一番困るのは生半可な気持ちでメジャー挑戦することです。行く以上は絶対の覚悟を持って欲しいし、それこそメジャーの3Aですらロクな結果を残せずに最後は金で西武を裏切った中島みたいになられたらガッカリです。それだけは避けたいと私は思います。

個人的には私みたいに期待し過ぎているファンがプレッシャーになっているのも原因の1つにあるのかなとも思いました。なので、こんなんじゃエースとは言えないという厳しい意味と一度プレッシャーから解放して原点に戻って欲しい意味の2つの意味合いで、私は菊池雄星投手を並みの投手と認識することにします。次の試合完封勝利したからエース復活とはしません。しばらくは試合結果だけでなく内容も見ていき、エースかどうか判断したいと思います。



1点ビハインドの8回からは相内投手が登板します。先頭の渡邊選手にヒットを打たれて、1アウト2塁として降板しました。今日は1回投げさせてほしかったと思います。


このピンチで野田投手が登板します。中島選手はセンターフライに抑えます。西川選手は四球を与えましたが、松本選手はセンターフライに打ち取ってこのピンチを脱しました。


9回はマーティン投手。平井投手を起用しなかったことは評価します。1アウトから中田選手にチェンジアップを本塁打をうたれました。それ以前に4球連続でチェンジアップを要求している炭谷選手のリードがよく分かりません。さらにレアード選手に死球、鶴岡選手にヒットでピンチとなりますが、渡邊選手はチェンジアップでセンターフライに打ち取りました。この1点で実質決着がついたようなものでしたが、マーティン投手に関しては岡田選手や森選手のほうが上手くリード出来そうですね。今日はマーティン投手の悪い部分が見えました。これを首脳陣がどう判断するのか注目したいです。




打線です。まず言いたいことは、あなた方の選球眼は一体どうなっているのでしょうか?ということです。

毎度のことながら軟投派左腕を打ち崩すことが出来ません。橋上さんの低レベルなコーチ能力もそうですが、今日に関しては選手自身にも大きな問題があります。あまりにもボール球に手を出し過ぎです。ボール球に手を出して凡退を繰り返して、結果的に堀投手を助けてしまう形となりました。ここ最近のタイムリー欠乏症の原因は個々の繋ぐ意識の欠落です。打てないボールを無茶振りしてるから早打ち凡打になってしまうわけで、四球でも繋いで相手投手にプレッシャーをかけることが出来なくなっています。これでは打線じゃなくてただの点です。


本塁打を打ったのは山川選手と中村選手。ともにストライクゾーンのボールを本塁打にしています。こういう打撃を他の選手にもしてほしいです。中村選手はこれで5年連続、通算11回目のシーズン20本塁打達成らしいですね。この記録は賞賛したいと思います。


後は金子侑司選手も今日1軍登録後即スタメンで結果を出しました。6回の攻撃は金子侑司選手の出塁から盗塁と進塁打と犠牲フライで点を取りました。本塁打やヒット以外でも得点出来たことは今日唯一の収穫でした。このまま恐怖の9番打者として機能してくれればと思います。


後はもう知りません。源田選手は犠牲フライは評価しますが、序盤は明らかなボール球を振るなど、上位打線のやる打撃ではないです。外崎選手もチャンスで3-0から打てないボールを無茶振りして凡退、今日の敗因の1つには外崎選手のわけの分からない打撃も原因にありますよ。他の選手も全般的にボールが見えてなかったです。全体的に停滞期に入ってきた可能性があります。




明日は西武が十亀投手、日本ハムは上沢投手です。今日勝てなかったことで一気に3タテを喰らわされるピンチに陥りました。交流戦前の日本ハム3連戦が頭の中によぎります。非常に不安な3連戦の幕開けとなってしまいました。




よければポチっとひと押しお願いします!