ライオンズファンの野球観戦日記

主に西武ライオンズの試合の感想を中心に書いていきます!宜しくお願いします!

顕著に表れてきたベテラン選手への配慮の差

西武ライオンズのベテラン選手といえば、栗山・松井稼頭央・炭谷・中村選手が該当すると思います。栗山、中村選手は34歳、炭谷選手はまだ30歳ですが、西武の平均年齢が若くてプロの年数も考えたら、西武ではベテランの枠に入ると思います。



この4人ですが、辻政権が発足してから世代交代の波に押されて出場機会がなくなりつつある状態です。ですが、その配慮には昨年から差が出てきて、今年から顕著になってきました。



この4人の中で一番活躍出来る選手は間違えなく栗山選手です。今年も打率は260ながらも出塁率は400を超えています。持ち前の選球眼は健在です。さらに、足腰の衰えも懸念されていますが、守備や走塁も問題なくこなせています。流石に金子侑司選手や木村選手には劣りますが。


炭谷選手も栗山選手と同じく活躍出来る選手です。私は今年の西武の正捕手は炭谷選手だと考えています。炭谷選手は相手打者の得意不得意をしっかり把握している選手です。さらに肩も強く、ピンチになっても弱腰になることなく投手を落ち着かせてリード出来たりと、岡田、森選手とは比べ物にならないほどの守備力を持っています。


松井稼頭央選手ですが、流石に1軍でフルに活躍することは厳しいと思います。見た目では若い選手と同じ体型をキープしていても、動体視力の衰えだけはカバーしきれていない様子です。あまり捉えた打球がなく、速球に詰まる場面も多々見受けられるようになりました。


中村選手ですが、元々才能一筋でやってきた選手です。本塁打アーチストとしての類い稀な才能を持っていましたが、走り込みや筋トレを怠り、食事管理も手を抜いている可能性もあるため、結果として身体の衰えを止めることが出来ずに無様な結果になってしまっています。



この4人の今の実力を表すとしたら

栗山=炭谷>>>>松井稼頭央>>>中村

という形になると思います。



しかし、今の4人への配慮の差は実力を度外視したものになっています。


栗山選手ですが、開幕はベンチスタートで金子侑司選手が不調でどうしようもなくなって、やっとスタメン起用されるようになりました。しかし、スタメン起用されてもリードしていたり、僅差で負けている場面で6回以降に出塁したら、躊躇なく代走を送られている状況です。今の中継ぎ投手の状態を考えたら、逆転される可能性も十分あり得るので、この作戦は得策ではないはずです。FA権を放棄してまでも生涯ライオンズ宣言をしてくれた選手です。この選手には是非とも2000本安打を達成して引退してもらわなければいけません。本来は、栗山選手を一番丁重に扱わなければいけないはずです。


炭谷選手も今年から出場機会がなくなりつつあります。最初は菊池雄星、ウルフ、榎田投手(佐野投手で1試合だけ)とバッテリーを組んでいました。しかし、捕手の世代交代を考えている上層部の影響もあって、今では菊池雄星投手しか出場機会がありません。これでは、早く出て行けと言わんばかりの起用になっています。今年のFAは浅村選手だけでなく、炭谷選手もFA宣言される危険があります。


松井稼頭央選手ですが、戦力としては厳しい一方で、練習姿勢や自己管理能力の高さ、さらには営業面やファンサービスの面も考慮したら、1軍にいるのはありだと思います。個人的には今すぐ2軍監督を務めてほしいと考えていますが、本人が現役にこだわっているので、今はその意思を尊重してあげるべきです。ただ1軍に居座るのではなく、自ら率先して2軍の試合に出場するなど、試合出場に対して貪欲な姿勢は高く評価したいと思います。


そして、やはり問題となっているのはおかわり君こと中村選手。私はこの選手に関してはフロントの現場介入を疑っています。私は交流戦が終わったら抹消されるはずだと考えていました。交流戦の打率が038、守備も走力もない選手を1軍に置いておく理由なんかどこにもありません。ところが、リーグ戦が再開してもなぜか1軍に、この3連戦はスタメンどころか代打ですら出場がありません。(というか、これが普通の采配ですが)おそらく、辻監督も中村選手が戦力にならないと判断しつつあるのだと思います。本当は抹消したいですが、辻監督は伊原元監督とは違い、フロントの注文に対しては反論しない人だと思います。なので、渋々1軍に置いている状態なのではと推測出来ます。

中村選手ですが、おかわり君どころかベンチでおすわり君、さらには1軍でも出場機会が全くないので、ただのおきもの君状態になっています。自ら2軍の試合に出場しようとする考えは持っていないはずなので、せめて強引にでも2軍の試合には出場してもらわないと、余計に劣化が進行してしまいます。




上層部の評価は

中村>松井稼頭央>>栗山>>>>炭谷

という状態になってしまっています。


首脳陣の世代交代を進めたいという考えは理解出来ます。しかし、今年は勝ってもらわければ困ります。さらには、栗山、炭谷選手の出場機会は減らす一方で、中村、松井稼頭央選手の出場機会を減らさない理由が分かりません。流石に昨日の栗山選手の代走に松井稼頭央選手の起用は理解に苦しみます。これが代走を山田選手にして、山田選手に回ってきたところで代打松井稼頭央選手という起用なら理解は出来ます。ファンサービスと考えたとしても、ロッテの本拠地でわざわざファンサービスをするメリットもないと思います。



どうも実力の伴っていないベテラン選手への配慮が納得いきません。このままでは炭谷選手のFA宣言は時間の問題になってしまいます。森選手だと、一度炎上し始めるとなかなか炎上を止めることが出来ない試合を何回も見てきました。炭谷選手の捕手能力は他の選手よりも群を抜いていることに、首脳陣とフロントは気付いていないのでしょうか?栗山選手の2000本安打達成をファンは楽しみにしています。中途半端な起用が続いてしまっていると、2000本安打が達成されずに終わってしまう危険もあります。




よければポチっとひと押しお願いします!

6/24(日)西武×ロッテ第12回戦 —持ち前の打棒が爆発 乱打戦を制し何とかカード勝ち越しを決める—

8-6で勝ちました。何とかこのカードを勝ち越すことが出来ました。



今日は私用のため、8回からしか見れなかったので、それまではダイジェストと一球速報を中心に書いていきます。



先発は榎田投手。捕手は炭谷選手ではなく森選手です。


2回です。井上、鈴木大地選手に連打を浴びて0アウト1,2塁のピンチを迎えます。ここで清田選手がバントを2球ファールして、最後は低めにスライダーを投げて併殺打、田村選手をスライダーで空振り三振に抑えました。


4点の援護をもらった3回。ヒット2本と四球で0アウト満塁のピンチを迎えます。ここで中村選手をチェンジアップでサードゴロでホームアウト、角中選手をファースト併殺打で0に抑えました。ここは山川選手のナイスプレーにも助けられました。


4回です。先頭の井上選手にインコースのストレートをフェンス直撃の3塁打を打たれます。鈴木大地選手のセカンドゴロの間に失点します。


6回です。先頭の井上選手にど真ん中のストレートを本塁打にされます。次の鈴木大地選手を抑えて、ここでマウンドを降りました。



5.1回99球、被安打8奪三振3四球2自責点2でした。森選手との初バッテリーでどうなるかと思いましたが、ストレートで押していくリードが逆に無駄な四球を出さずに済んだと思います。その一方、9本のヒットを打たれたのは良くなかったです。今後、捕手が森選手になるのであればストレートの割合が増える可能性が高いので、より際どいコースに投げるコントロールが求められると思います。



回の途中からは増田投手が登板します。四球は出すも、その後はしっかりと抑えました。平沢選手はストレートで空振り三振でした。まずはここからしっかり復調してもらいたいと思います。


3点の追加点をもらった7回からは松本投手。2アウトまでいきますが、そこから中村、角中選手を連続四球でピンチを迎えます。ここで井上選手に浮いたスライダーを見事に仕留められて3点本塁打を打たれました。

森選手がインコースを責めずに弱気なリードになってしまったことは確かにありましたが、そもそも2アウトから連続四球を出している松本投手が問題です。角中選手には1球もストライクが入らずという状態でした。こんな情けない投球では信用して登板させることが出来ません。下からは野田、ワグナー投手が着々と準備を進めている状態なので、このままだと抹消候補最有力になります。


再び3点リードになり、8回からはヒース投手が登板します。今日は球威で押し切り3人で終えました。ZOZOマリンのマウンドは合わないのでしょうか?ボールが高かったのが少し気になりました。


9回からはカスティーヨ投手。どうやら首脳陣はカスティーヨ投手に引き続き守護神を任せるみたいです。藤岡選手には変化球が真ん中に入り本塁打を打たれましたが、後は早打ちにも助けられて、来日初のセーブを記録しました。

私はカスティーヨ投手は絶対に先発にしたほうがいいと考えますが、首脳陣が守護神でいくと決めた以上は何も言えません。せめて守護神をやるにしても、捕手は森選手で固定するべきです。今日も見れば分かりますが、左右に揺さぶるリードよりも力で押していくリードのほうがカスティーヨ投手も投げやすいはずです。森選手が指名打者起用なら、カスティーヨ投手の登板になったら指名打者を解除してでも捕手起用をするべきです。カスティーヨ投手に関しては、森選手が一番相性が良いと私は考えます。




打線です。源田選手が内野安打1本だけでしたが、秋山選手が2安打3出塁とカバーしてくれました。後はチャンスで打ってくれれば問題ないです。



森、外崎、斉藤選手が好調です。森選手は逆方向への本塁打はお見事でした。それ以外はダメでしたが、逆方向に打球が伸びているのでこのままスタメン出場でいきましょう。外崎選手も気が付けば3割目前までいきました。盗塁も2つ決めて、走攻で大活躍でした。斉藤選手も打球が伸びているのでヒットや長打が出るようになっています。今の状態なら、斉藤選手の起用は問題ないです。


久々のスタメンになった栗山選手も頑張りました。今日は4打席立てたので良かったですが、なんで代走が松井稼頭央選手だったのかが良く分かりません。わざわざ代走を出す必要があったのでしょうか?


山川選手もとりあえずタイムリーが出て良かったです。さらには守備でもナイスプレーがありました。浅村選手も無安打ながらも四球を選んでいるので、今年は出塁率が高いです。金子侑司選手ですが、右投手が先発なら途中出場でいいと思います。




最低限の勝ち越しを決めることが出来ました。幸いに日ハムが負けたため、ゲーム差が広がりました。次はオリックス3連戦です。




よければポチっとひと押しお願いします!

6/23(土)西武×日ハム第11回戦 —一撃で沈んだ試合 悪天候の中でもがき苦しみ敗戦—

4-3で敗戦です。悪天候の影響で、5回表で試合が終了しました。



先発は中9日で今井投手。悪天候の中でコントロールに苦しみます。初回、1アウト1,3塁のピンチを迎えます。しかし、角中選手をスライダーで空振り三振、井上選手はフルカウントからストレートでサードゴロに打ち取ります。ピンチになっても落ち着いて投げていました。


2回は三者凡退に抑えて3回。さらに雨が強くなり、中断からの再開となります。先頭の平沢選手を四球を出し、荻野選手は抑えるも藤岡選手は四球、中村選手は空振り三振も角中選手は四球と、3つの四球で満塁のピンチを迎えます。ここで井上選手を迎えます。

ここの打席ですが、最初2球はストレートで追い込みます。3球目は152kmのストレートを良いところに投げるもボール。4球目は151kmのストレートが低めに外れてボール。5〜7球目は151kmのストレートを投げるも高めに浮いてファール。2-2からの8球目、151kmのストレートが真ん中に入り、満塁弾を打たれました。


ここは完全にリードに問題があります。前の打席は2〜4球目にスライダーを交えてストレートで打ち取ることが出来ました。3回の満塁の場面でも、絶対にストレートを投げなきゃいけない理由なんてありません。5球目辺りから徐々にストレートに慣れていく様子を見て、非常にやばいなと思いました。7,8球目は流石に変化球を要求するだろうと思ったら、まさかのストレートです。岡田選手は何をムキになっていたのでしょうか?仮に押し出しでも、3点リードがあるのですから、その後を抑えれば問題ないはずです。若手の面倒見の良さを買われてバッテリーを組ませてもらっているのですから、ピンチになって冷静にリード出来なければ起用している意味がありません。今日の1番の敗因でした。



今井投手ですが、4回79球、被安打3奪三振2四球3自責点4の結果でした。悪天候で、さらには何度も中断されてしまい、なかなか自分のリズムを作ることが難しかったと思います。本塁打を打たれたところは岡田選手が悪いですが、先頭の平沢選手への四球や藤岡選手への4球で四球など、簡単に四球を出してしまっていたところは反省点です。ですが、ピンチになっても落ち着いて投げていたところやストレートの質など、前回に引き続き、将来のエースとしての素質は十分に見せてくれました。今日の結果を反省して、また次に頑張ってもらえればと思います。



打線ですが、今井投手以上に雨に苦しんでいたボルシンガー投手をKOさせることが出来ませんでした。


初回は0アウト1,2塁から浅村選手が3点本塁打を打ちました。しかし、この後に山川、森選手2人合わせて4球で凡退したせいで、ボルシンガー投手に立ち直るチャンスを与えてしまいました。


2回もチャンスが出来ましたが、秋山選手が凡退。3回も0アウト1,2塁のチャンスから山川選手が併殺打、森選手もカーブにタイミングを狂わされて三振に終わりました。


今日は秋山、山川選手が打線を遮ってしまいました。秋山選手も2試合連続無安打は嫌な予感がしますが、一番の問題は山川選手。第1打席は0-1から凡退、第2打席は1-2から併殺打、第3打席は初球を打ち上げ凡退など、早いカウントから振っていって凡退しています。持ち前の選球眼はどうしたんだという状態です。この様子だと、打率が260を切る可能性もあります。辻監督は本当に固定起用をするので、明日も4番が山川選手になると思いますが、このままでは、明日も打線が繋がらなくなってしまいます。私は山川選手を6,7番に下げて、4,5番は森、外崎or栗山選手の打順のほうが大量得点を見込めると思います。




明日は西武が榎田投手、ロッテが酒居投手です。不幸中の幸いは、今日は中継ぎ投手を使わなかったことです。なので、明日は中継ぎをフルで起用することが出来ます。さらに幸いなことに、日ハムも負けたためゲーム差は変わりませんでした。明日はなんとしても勝たなければいけません。




よければポチっとひと押しお願いします!