ライオンズファンの野球観戦日記

主に西武ライオンズの試合の感想を中心に書いていきます!宜しくお願いします!

5/25(金) 西武×日本ハム第8回戦 —4/18の再現ならず 復調気配はあるものの、敵の好守とベンチの謎采配により勝ちが潰える

8-5で負けました。これで日ハム戦は4勝4敗の5分です。



先発は相内投手。2軍で防御率1.57,3勝を挙げて高木勇人選手を押し退けての起用となりました。


初回、2アウトから近藤選手にヒットを許し、中田選手にど真ん中からど真ん中に落ちる全くキレのないフォークをスタンドに運ばれます。2回にもピンチになりますが、なんとか切り抜けます。


ですが3回、先頭の大田選手に死球を当ててしまいます。ここで大田選手に睨みつけられた後、近藤選手でストレートすらコントロール出来ない状態になります。岡田選手らがなんとか落ち着かせようとしていますが、たかが死球1つ当てたぐらいでひ弱な投球になっては話になりません。結局近藤選手には2塁打を打たれて0アウト2,3塁の大ピンチを作ります。ここで中田選手は真ん中に入った球を打ち損じてショートゴロの間に1点入ります。続くレアード選手は甘いカーブを打ち損じてレフトフライ、1,3塁となり、清宮選手にはど真ん中のストレートを捉えはしましたがライトライナーでなんと最少失点に抑えました。その後も相手打線の打ち損じに助けられて、5回まで投げきります。



5回92球、被安打4奪三振3四死球5失点3という結果でした。よく3失点で済んだなと思いました。内容はひどいですが、私は5回まで投げきれるとは思っていなかったので、今日に関しては合格だと思います。ですが、はっきり言ってまだまだです。見た感じ、変化球の精度、コントロール共に最低ラインです。たまに決まるストレートはいい球もありました。下半身でフォームを固められていないのが原因ではないでしょうか。そもそも、死球1つ当てて縮こまった投球になったり、おどおどしていたりと投げる以前の問題も多かったように思います。次回登板は私は勧めませんが、もしあるなら流石に次はKOされると思います。



問題は中継ぎ陣です。変わった野田投手は先頭の杉谷選手への初球の真ん中スライダーを本塁打にされます。さらに7回、先頭の西川選手へヒットを許して降板します。代わった平井投手が大田選手を打ち取ったあたりが走塁のカバーに入った浅村選手の逆のところへ転がり、1,3塁の場面で近藤選手にとどめの3ランを打たれます。ここは岡田選手もランナーに気をとられすぎていたりと反省部分が多かったです。平井投手はとにかく本塁打を打たれすぎですね。これでは接戦で使いづらくなってしまいます。


唯一の収穫は松本投手。ルーキー時代と比べたらかなり球威が出ていて、成長を感じました。

次は変化球で何か1つウイニングショットがほしいですね。スライダーのキレが良くなれば、さらに活躍の場が広がるのではと思いました。



相手の先発高梨投手は決して本調子ではありませんでした。初回、敵のWPで得点し、2回に岡田選手のストレート狙い打ちで同点とします。岡田選手は相内投手のリードに加え、打撃でもいいところを見せていました。(中継ぎ陣のリードに関しては反省点がありますが)


今日の1つのターニングポイントとして挙げるのは、3回裏2アウト2塁の場面です。コントロールに苦しんでいる高梨投手に対して山川選手が初球を打ち上げてしまった場面です。4回以降、高梨投手は立て直して6回までノーヒットに抑えられました。山川選手の長所の1つは選球眼。あそこでせめて粘った上でのアウトだったらまだ状況は分からなかったかもしれません。



中継ぎ陣の大炎上により、敗戦ムードとなった7回裏、2アウトながら2,3塁として秋山選手が初球を捉えて4点差とします。ここで源田選手の当たりがファインプレーに阻まれたのが惜しかったですね。


8回にも1点取り9回、先頭の岡田選手がヒットで出塁します。ここで代走金子侑司選手が起用されます。打席には金子一輝選手。0-2からの3球目、ここで今日1番の問題プレーが出ます。なんと金子侑司選手が単独スチールを仕掛けます。清水捕手は明らかなボール球を要求していたため、確実に送球してアウトになりました。



3点ビハインドの9回裏、0アウトから出塁して、そのあと1番に繋がる場面、しかも0-2に追い込まれている状況、

ここで盗塁する意味はあるのでしょうか??


岡田選手の本塁打の時も、外崎選手が盗塁失敗しています。外崎選手がいれば2点本塁打です。ここ最近、盗塁失敗があまりにも目立ちます。それだけヒットや四球を無駄にしていることです。


話を戻しますが、9回裏の場面、ベンチがいったいどういった指示を出していたのか、非常に謎です。金子侑司選手の場合、だいたいグリーンライトのサインになっていますが、今日の場面でも同じサインを出していたのなら、はっきりとベンチのアホサインであると断言します。走力が本当に生きるのは、1点を争う本当に僅差の時だけです。辻政権は隙あれば走ることを重要視していますが、むやみやたらに走るのは違います。元々打力のあるチームなので、暴走により打力を消すということを今後起こさないように、今日の9回裏の場面は反省して頂きたいです。




打線ですが、やはり3,4番がチャンスで打てません。浅村選手は良い当たりが出てきて、復調の気配が見えてきました。一方の山川選手。復調のきっかけは掴むのですが、そこから浮上出来ていません。やはり他球団は山川選手の弱点を確実に突いてきています。元々緩急とカーブに弱い選手です。今日も山川選手にはカーブを織り交ぜて、的を絞らせないようにしていました。カーブがきた時の山川選手のクソーという表情が、それを物語っています。幸い、四球は選べています。今後のことを考えても、今は我慢の時かもしれません。



明日は西武は多和田投手、日ハムは上原投手。今日は半ば捨て試合だったので、明日は絶対に勝たなきゃいけません。明日は森選手が捕手出場です。メヒア選手はスタメン起用になります。少ないチャンスをなんとか生かしてほしいです。懸念は左投手だからといって、栗山選手を外して木村選手スタメン起用です。もう確変の終わっている代走守備固めの選手をスタメンにするのは間違えです。辻監督推薦枠として起用されるのが怖いです。そんなことないようにお願いします。




よければポチっとひと押しお願いします!

メヒア選手の起用について考えてみる

今季、12球団トップクラスの破壊力を誇る「山賊打線」で、現在パリーグ首位にいます。


その中で、なかなか出場機会が増えないのがメヒア選手です。


14年シーズン途中に加入して、その年にいきなり本塁打王のタイトルを獲得します。確実性の部分では確かに他の選手に劣る部分はありますが、パワーでは規格外の力があります。山川選手や全盛期のおかわり君以上です。打撃練習でも、他の選手とは明らかに違う弾道を放っています。


現状、メヒア選手はファーストに山川選手、指名打者に森選手が立ちはだかって、森選手が捕手出場の時しかスタメン出場がありません。つまり、多和田、カスティーヨ投手以外の時にはベンチスタートということです。


まず言えることは、メヒア選手は代打タイプではありません。ここまで代打では7打席立ち6打数無安打です。栗山選手とは違い、1打席に全てを集中出来る訳ではないので、結果が出ないのは当然といえば当然です。他方、栗山選手は晩年になっても代打として活躍出来る可能性は大いにあります。おかわり君はもう知りません笑。



話が逸れましたが、メヒア選手の出場機会を増やすにはどうすれば良いか。いくつかの方法はあります。



①メヒア選手のコンバート

これはまずないですね笑。3Aで1度だけサードを守ったことはあるらしいですが、別に守備が上手い訳ではないので、コンバートはまずないです。仮にサードだのレフトだのコンバートしようとしたら、阪神の大山、鳥谷選手みたいに本業のバッティングに支障をきたすのは間違えありません。


②山川選手のサード起用

山川選手は入団当初はサードでした。最初はサードとファーストを主に守っていましたが、最終的にファーストに落ち着く形になりました。守備能力は決して低くはありません。しかし、サードではスローイングに欠点があったと記憶しています。これもないと思います。山川選手うんぬんでなく、彗星の如く現れた金子一輝選手の活躍の場を奪うことになります。彼には西武の将来を担って頂きたいと考えているので、これも現実的ではないですね。



③森選手のライト起用

1番あり得るとしたらこれです。森選手はバッティングを生かすために外野へのコンバート案が度々議題に挙がっていました。実際に、西武では捕手から外野にコンバートして才能を開花させた和田一浩選手がいました。森選手は元々捕手向きの思考回路ではないのと、天性の打撃センス、さらには絶対的正捕手炭谷選手の存在(さらにさらに無能だった田辺政権の統一性のない考え方)により、外野起用も多かったです。外野起用も時たまポカをやらかしますが、ライトでの起用は十分可能なレベルではありました。


では現実的にみて実行されそうか。これも難しい話だと思います。正直、この案を考えた私もあまり賛成は出来ません笑。森選手はそれこそ最初の捕手としての実力はそれはもうひどい有様でした。キャッチングもスローイングも下手、長距離バッター相手に全球ストレート勝負なんて、こいつはゲーム感覚でリードしているのかなんて思ったこともあります。ですが、今年に入り、キャッチングが大幅に上達して、リード面でもストライクとボールの使い分けもある程度出来るようになりました。もちろん、炭谷選手にはまだまだ及びませんが。


なぜ今年に入りここまで上達したのか、答えは単純で、辻政権になってから捕手一本で練習したからです。


田辺政権は本当に何がしたいのか分からないレベルで森選手に限らず、金子侑司選手にいきなりサードだの渡辺直人選手や鬼崎選手にファーストなど、守備をバカにしているかのような起用を行なっていました。当然森選手もどっちになるか分からず疑心暗鬼の中練習を行うことになります。また捕手と外野両方練習しなきゃいけない関係で、打撃練習の時間が減り、その分疲労も溜まる結果になります。



また話が逸れてしまいましたね。すいません(汗)


言いたいこととしては、もしまた森選手がライトの練習を始めたら打撃や捕手のほうに悪影響を及ぼす可能性があるので、自分で考えを出しときながらあまり賛成ではないということです。




では、どうすればいいんだということになりますが、最終的な結論としては森選手とメヒア選手の指名打者の併用です。


辻監督に関して私は非常に高く評価しています。ですが、もちろんダメな部分指摘させて頂きます。それは選手起用の固定です。辻監督は野手の選手起用に関して、1度使うと決めたらどんなに不調でもしばらくは起用し続ける人です。皆さんももうお分りだと思いますが、昨年では田代、木村両選手が打率1割台でもずっと使い続けられていました。昨年に関しては、チーム再建のために若い選手の育成が必要だったので、私はそこまで疑問には思いませんでした。(それでも田代、木村両選手が本当に成長してくれるかは疑問でしたが)結果として、外崎選手や源田選手が大きく成長してくれました。



ですが、今年は違います。今年は10年ぶりのリーグ優勝が大きくかかっています。来年は菊池雄星投手のメジャーと浅村選手のFAがほぼ確定しています。(下手したら炭谷選手のFAも)今年は何が何でも優勝してくれないと困ります。ですので、好不調の選手をしっかり把握して積極的にスタメンや1,2軍の入れ替えを行なってほしいです。


昨日は2本のタイムリーを放った森選手。ですが、本当に調子が良くなったかといわれたら疑問です。メヒア選手は4打席の中でしっかり結果を残しているので、ベンチに置いとくのはもったいないです。


今日は相内投手です。誰が捕手やるのでしょうか?炭谷選手が捕手出場の場合、右投手相手でも左右にとらわれない選手起用が出来るかどうか。今日の辻采配に注目しましょう。




よければポチっとひと押しお願いします!

5/24(木) 西武×ソフトバンク第9回戦 —5カードぶりの勝ち越し!久々の二桁得点で快勝—

12-5で快勝しました。これで敵地ソフトバンク戦を2勝1敗で勝ち越しました。


今日はバイトの関係でゆっくり中継を見ることが出来たのが7回からでしたので、ダイジェストを中心にざっくりですが、感想を書きます。



先発は約1ヶ月ぶりの先発となったウルフ投手。先制した直後にデスパイネ選手にカーブをスタンドに運ばれます。さらに連打で逆転を許します。3回には柳田選手にフルスイングされてさらに2点を許してしまいます。打たれたボールは全部真ん中に。ボールが全体的に低めに集まらない投球だったらしいです。


3.1回67球、被安打8奪三振2四球2失点5の結果でした。これはヒース投手を獲得して正解だったかもしれません。次回登板はあるのか分かりませんが、あるとしても次がラストチャンスになると思います。


代わった小石投手がランナーを返してしまいましたが、次のイニングを0に抑えて6年ぶりの白星を得ました。6回からは野田、武隈、ワグナー、平井各投手で繋げていき0点に抑えました。この3連戦、中継ぎ陣の奮闘がカード勝ち越しに繋がったのを忘れてはいけません。



打線ですが、私が希望したメヒア選手ではなく、森選手がスタメンでした。今日は強振せず、ミートに徹して2本のタイムリーを放ちました。しっかりと改善して今日の試合で結果として出したことは良かったと思います。ですが、私はメヒア選手をこのままベンチに置いとくのは非常にもったいないと思います。メヒア選手のことに関してはまた別の機会に書きたいと思います。


今日のヒーローは秋山選手です。6回の一打逆転の場面で嘉弥真投手の初球のスライダーをしっかり捉えてテラス越えの本塁打を放ちました。とにかく調子は絶好調です。そして炭谷選手も4安打2打点の活躍でした。しっかりと来たボールにコンタクトして打つことが出来ていました。


心配なのは源田選手。最終打席にタイムリーを打ちましたが、ボール球に手を出しています。ボール球に手を出す場面が増えてきています。四球を選ぶ選手ではないので、打てなくなると一気に打率が落ちます。走塁の能力が非常に高い選手なので、なんとか四球を増やしてなるべく打率を落とさずに不調期を乗り越えてほしいです。


そして、私はこの3連戦のMVPに金子一輝選手を推します。初戦の敗戦濃厚な中で彗星の如く現れました。プロ初安打が本塁打、ベンチのムードが一変しました。2戦目でもスイングの鋭さをアピールしてきっちりヒットを打ちます。そして3戦目には2安打1打点。プロ初タイムリーを放ち、停滞ムードを払拭してくれました。ベンチでも山川選手や外崎選手らと談笑している姿も見れて、チームに溶け込んでいる様子です。このまま一軍で元気な姿を見せ続けてほしいです。


打線は好不調がはっきりしてきました。秋山、栗山、金子一輝選手は好調です。源田、外崎、浅村選手は不調です。ですが、この3連戦は守備が非常に安定していました。金子一輝選手も危ない場面もありましたが、今日も難しいバウンドもしっかり処理しています。炭谷選手が捕手の時のセンターラインは12球団トップクラスだと思います。打てない時にも守備はしっかりこなせているのは評価出来るところです。




ベンチも良いムードになってきた中、明日は本拠地で日本ハムを迎えます。西武は相内投手、日ハムは高梨投手です。この時点で圧倒的に不利な状況です。ですが、日ハムは今日ロッテ相手に土壇場で追いつかれ、勝ち越したらまた追いつかれ、更に12回裏に守備のミスを連発してサヨナラ負けとチームとして悪い形で挑む形になりました。天敵相手にどう攻略していくか、私は相内投手が好投するとは思ってないので、勝つには打ち勝つしか方法はありません。





よければポチっとひと押しお願いします!